スパ銭&温泉お役立ち情報
関西エリア
和歌山県

【1800年の歴史を体験】日本最古の世界遺産の温泉「湯の峰温泉つぼ湯」で7色に変化するお湯を体験しよう!

出典:熊野本宮公式サイト/http://www.hongu.jp/

日本三古湯といえば、愛媛県の「道後温泉」、兵庫県の「有馬温泉」、和歌山県の「白浜温泉」であると言われています。

しかし日本最古などと銘打った温泉は全国各地に点々とあったりもします。

そのような中で、現存での日本最古の温泉はどうやら和歌山県にある「湯の峰温泉」ではないかという話が有力なのです。

そして、この開湯1800年と長い歴史のある温泉「湯の峰温泉」にはちょっと変わった温泉があります。なんと、世界遺産に登録された唯一の温泉「つぼ湯」があるんです。 湯の谷川の真ん中に立つ藁ぶき屋根(わらぶきやね)の小さな湯小屋には「つぼ湯」の文字が書かれているためにすぐに見つけることができます。

戦国の世を逃れてきた小栗判官(おぐりはんがん/常陸の国、今の茨城から)がこの湯で生き返ったといわれるお湯だそうです。建物の中には大人2人も入ればいっぱいになるというそんな湯船があるだけなのですが、このお湯の驚くべきところは「1日に7度と色を変える」という、とても不思議なお湯です。

和歌山の世界遺産にまでなっている秘湯としてもちろん有名で、温泉好きの方が訪れることが多いですが、
ここは一度は訪れておきたいそんな魅力ある温泉です。

そんな話を聞いたらますます入らない訳にはいかないですよね!


和歌山「湯の峰温泉つぼ湯」の記事のご紹介 - 目次 -



1.世界遺産に選ばれた日本最古の温泉「湯の峰温泉つぼ湯」!1日に7度も色を変える不思議な温泉とは?
2,湯の峰温泉つぼ湯の源泉の泉質紹介
3,湯の峰温泉つぼ湯の基本情報
4,湯の峰温泉つぼ湯の口コミ情報
5,Googleストリートビューで眺める「湯の峰温泉つぼ湯」の露天風呂
6,和歌山「湯の峰温泉つぼ湯」までのアクセス情報
7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1.世界遺産に選ばれた日本最古の温泉「湯の峰温泉つぼ湯」!1日に7度も色を変える不思議な温泉とは?




出典:instagram/maturicaさん

まずは湯の峰温泉の公衆浴場で入浴料を払って番号札をいただきます。

tomomiさん(@tomo2080)が投稿した写真 -


出典:instagram/tomo2080さん

隙間だらけの壁板のために「誰かにのぞかれていないかな?」なんて言ってる場合じゃないんです。
1組「30分」と時間制限があるために時間を気にしながら入浴してください。


出典:instagram/kasztanowa_goraさん

しかし時間を気にし過ぎてて慌てて入らない様に気を付けていただきたい。
小さな湯船のために何気にドボンと入る事がないように!
そして、源泉かけ流しの温泉は、前に他の方が入浴していない場合はお湯がの温度がかなり高温になっていることもありますので、注意が必要です。

@on1000.manが投稿した写真 -


出典:instagram/on1000.manさん

@suzuki136が投稿した写真 -


出典:instagram/suzuki136さん


出典:instagram/n.mika37さん

そして、このお湯の驚くべき特徴は「1日に7度と色を変える」といわれているところです。
写真のように乳白色に濁ったお湯の時や、無色透明に近いようなお湯の時まで、その時々のお湯の色にも注目してみてくださいね!

そっと湯に入ると乳白色系の温泉に「つるりッ」と肌障りの良い岩肌とほのかに香る硫黄の香りはいつしか時間を忘れてしまいそうになります。

湯の峰温泉のお湯は熊野本宮大社へお参りする前に身を清めるお湯として使われていたそうです。神社などにお参りをする前に手水舎で手や口を清めたりするように、長旅の疲れや垢をここで落としてから神聖な場所へのお参りをしていたんですね。

湯の峰温泉以外にもそうした大きな神社の周りには身を清める温泉がいくつかあるそうです。


2,湯の峰温泉つぼ湯の源泉の泉質紹介



@tabinekosanが投稿した写真 -


出典:instagram/tabinekosanさん

日本最古といわれている和歌山の秘湯「湯の峰温泉つぼ湯」の源泉の泉質情報です。

泉質:含硫黄-Na-炭酸水素塩泉
源泉温度:92℃
湧出量:約30リットル/毎分
特徴:「1日に7度と色を変える」といわれる不思議な特徴がある、乳白色系統のお湯です。
効能:

リウマチ性疾患、皮膚病、神経痛、糖尿病などに良いとされています。


3,湯の峰温泉つぼ湯の基本情報




出典:instagram/umetatsu_sanさん

名前:湯の峰温泉つぼ湯
英語表記:YUNOMINEONSEN TSUBOYU
郵便番号:647-1731
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮100-1
電話番号:0735-42-0735
休館日:年中無休
営業時間:

・つぼ湯/6:00 ~ 21:30
・公衆浴場/6:00 ~ 22:00

入浴料:

・湯の峰温泉 つぼ湯 ※2016年7月現在

大人/770円
小人(12歳未満)/460円

※つぼ湯の入浴料は、下記でご紹介する公衆浴場料金も含みます。

・湯の峰温泉 公衆浴場 ※2016年7月現在

一般湯

大人/250円
小人(12歳未満)/130円

くすり湯

大人/390円 ※くすり湯1日券610円
くすり湯/190円 ※くすり湯1日券300円

2階の休憩所(公衆浴場)

500円/1時間

駐車場:あり ※無料100台
公式サイト:http://www.hongu.jp/onsen/yunomine/

お風呂情報:

●つぼ湯

・つぼ湯(30分ごと交代制) 1

●公衆浴場

・一般湯(男女別1/1)
・くすり湯(男女別1/1)
・貸切風呂

施設に備え付けてある備品:なし

その他お役立ち情報:

・公衆浴場の方には「貸切風呂(くすり湯)」があります。


4,湯の峰温泉つぼ湯の口コミ情報



ここでは、和歌山県の世界遺産の秘湯「湯の峰温泉つぼ湯」の口コミについてご紹介しておきます。
日本最古のお湯を体験された方々の温泉体験の感想を参考としてご覧下さい。














最近のつぼ湯は、やはり待ち時間もあるようですね。しかし、世界遺産のお湯に訪れた方の多くは、
大満足の様子。待ち時間の間も「温泉卵」を作ったり、他の楽しみ方で時間も過ごせるのでオススメですね。

和歌山県の熊野本宮の少し不便なエリアにありますが、この秘湯は訪れてみる価値はありそうですよ!


5,Googleストリートビューで眺める「湯の峰温泉つぼ湯」





Googleストリートビューで「湯の峰温泉つぼ湯」の周辺の様子をご覧いただけます。


6,和歌山「湯の峰温泉つぼ湯」までのアクセス情報





郵便番号:647-1731
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮100-1
電話番号:0735-42-0735

湯の峰温泉つぼ湯までのマップ

湯の峰温泉つぼ湯の周辺のマップ

出典:熊野本宮公式サイト/http://www.hongu.jp

(大阪方面より電車をご利用の場合)

新大阪から「くろしお」に乗車し、「紀伊田辺駅」まで約2時間。「紀伊田辺駅」より路線バス(明光バス、龍神バス)本宮大社方面へ約2時間。

(大阪方面より高速バスをご利用の場合)

「明光バス」で、大阪「なんば(OCAT)」 または、「JR大阪駅」から乗車し、「紀伊田辺駅」まで約3時間。「紀伊田辺駅」より路線バス(龍神バス)をご利用下さい。

その他、「湯の峰温泉つぼ湯」までの詳しい交通情報は以下をご覧下さい。
http://www.hongu.jp/access/


7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント




出典:instagram/dourthingさん

世界遺産「湯の峰温泉つぼ湯」には、時間制限のありますが、今では秘湯として人気もあるため、度々待ち時間が発生することもあります。

湯の峰温泉つぼ湯の入り口で腰を掛けて待つのもいいのですが、そんな時は河原のそばで足湯をしたり、湯筒で温泉卵を作ったりして待つと、待ち時間まで楽しめるのでオススメです。

せっかく待って入った温泉でも「30分ではなんだか物足りない!」なんて方は、公衆浴場に入るのもいいかもしれません。また近くには、日本一広い露天風呂「仙人風呂」で有名な「川湯温泉」もありますので、湯めぐりなんてのもアリですね。

しかし世界遺産の湯の峰温泉にやってきて「つぼ湯」に入らないというのはもったいないものです!
是非、つぼ湯で1800年前へとタイムスリップしていただきたいものです。


  • この記事に関するキーワード
    秘湯 日帰り温泉 温泉 源泉掛け流し 泉質 お風呂

    同じカテゴリの最新記事はこちら

     条件検索

     人気の記事

    No.1
    No.2
    No.3
    No.4
    No.5
    No.6
    No.7
    No.8
    No.9
    No.10

     カテゴリ