スパ銭&温泉お役立ち情報
中国・四国エリア
島根県
191 views

島根「湯の川温泉」をご紹介!日本三大美人の湯の日帰り温泉をまとめました。

 シェア  ツイート  はてブ  Google+  LINEで送る
出典:https://ja.wikipedia.org/
全国に沢山の温泉が湧く温泉大国の日本。

ほとんどの都道府県に温泉があるといっても過言ではありませんが、その中でも島根県にある「湯の川温泉」は日本三大美人の湯の一つとして知られています。

弱アルカリ性で柔らかいお湯が特徴の「湯の川温泉」。

入浴後のお肌はすべすべ感があり、女性は化粧水なんて必要ないほど。まさに「美人の湯」と呼ぶのにピッタリなんです。

そんな「湯の川温泉」ですが、今回は日帰り入浴が楽しめる温泉をまとめてみました。

以下で詳しく見ていきましょう。


▼参考:「湯の川温泉」に関連する記事として以下の記事も合わせてご覧下さい。

「日本三大美人の湯」について解説。

「美人の湯(美肌の湯)」ってどんな温泉?


島根「湯の川温泉」まとめ記事のご紹介 - 目次 -



1,島根「湯の川温泉」で日帰り温泉が楽しめる施設とは?
2,湯元 湯の川
3,天然温泉の湯 四季荘
4,出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」
5,道の駅湯の川の「足湯」
6,宿泊で利用できる「湯の川温泉」の旅館
7,日本三大美人の湯とは?
8,ゆ〜ナビ編集部コメント


1,島根「湯の川温泉」で日帰り温泉が楽しめる施設とは?



☆Sciroさん(@sciro_)がシェアした投稿 -


出典:instagram/sciro_さん

それでは早速、日本三大美人の湯のひとつ島根「湯の川温泉」の日帰り温泉について見ていきましょう。

「湯の川温泉」は、宿泊だけではなく日帰りでも楽しめ温泉施設があるんです。

それが以下の4つ。

●湯元 湯の川
●天然温泉の湯 四季荘
●出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」
●道の駅湯の川の「足湯」



日帰りなら気軽に体験できるのが嬉しいですよね。

日本三大美人の湯の湯めぐりを島根観光の一つに組み入れてみてはいかがでしょうか。

それでは4つの湯の川温泉の日帰り入浴施設について、それぞれの魅力や特徴をご紹介していきたいと思います。


2,湯元 湯の川




出典:instagram/pikaco_onsenさん

それでは早速1つ目から。

最初は「湯元 湯の川」です。

湯元という名前からして良い温泉に入れそうな気がする温泉です。

「湯元 湯の川」は有名な出雲大社や島根空港からも近いところにある老舗の温泉旅館で、「大人500円(※2018年5月現在)」で日帰り入浴を楽しむことができます。

大浴場のほかに露天風呂、檜風呂、タイル風呂と、3種類の貸切風呂があり日帰りの場合でも貸切風呂が「2,000円(※2018年5月現在)」で利用することが出来ます。

日本三大美人の湯「湯の川温泉」の温泉を源泉100%で楽しめるので入浴後のお肌はすべすべ感を実感できるでしょう。スキンケアいらずと評判です。

宿泊の場合は特に山陰の海の幸、山の幸をふんだんに使った料理が美味しいと人気があります。

ちなみに宿泊者は貸切風呂を無料で利用することが出来ます。

白鳥麗子さん(@reireiyo)がシェアした投稿 -


出典:instagram/reireiyoさん

「湯元 湯の川」の施設情報



●名称:湯元 湯の川
●住所:島根県出雲市斐川町学頭1329-1
●電話番号:0853-72-0333
●営業時間: 10:00~16:30 ※最終受付16:00
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料金:※2018年5月現在

・大人/500円(中学生以上)
・小人/300円 ※3歳以下無料
・貸切風呂/2,000円

●泉質: ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

●公式サイト:http://www.yumotoyunokawa.jp/


3,天然温泉の湯 四季荘



伊藤廣樹さん(@cocoronitabio110)がシェアした投稿 -


出典:instagram/cocoronitabio110

湯の川温泉の日帰り温泉二つ目は「天然温泉の湯 四季荘」です。

湯の川温泉でいちばん朝早くから日帰り温泉が楽しめる宿です。

朝はなんと「6時」から利用が可能で、夜も「22時」までと営業時間が長いのが特徴です。

※朝の9時〜10時は清掃時間のためご利用不可です。ご注意下さい。

「四季荘」の魅力はもちろん、営業時間だけではありません。メインの温泉もチェックしていきましょう。

岩風呂が素敵な露天風呂はとっても解放感があり四季折々の自然が眺めながら温泉に入ることが出来ます。お湯はもちろん天然温泉100%。湯の川温泉が誇る日本三大美人の湯はなめらかでとても気持ちがいいです。

宿の食事も「島根和牛」など地元の食材を生かした大満足のメニューが並びます。

また子供向けのサービスも充実しているので、ファミリーで訪れるのにもオススメです。

伊藤廣樹さん(@cocoronitabio110)がシェアした投稿 -


出典:instagram/cocoronitabio110さん

「天然温泉の湯 四季荘」の施設情報



●名称:天然温泉の湯 四季荘
●住所:島根県出雲市斐川町学頭1369
●電話番号:0853-72-6525
●営業時間:6:00~9:00、10:00〜22:00 ※最終受付21:30
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料金:※2018年5月現在の料金です。

・大人/600円
・小・中学生、60歳以上/400円
・3歳以上未就学児/200円

●泉質: ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

●公式サイト:http://shikisou.com/


4,出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」



Hideaki Nishimuraさん(@bigwave1980)がシェアした投稿 -


出典:instagram/bigwaveさん

湯の川温泉の日帰り温泉三つ目は出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」です。

「ひかわ美人の湯」は、斐川リフレッシュパーク「出雲いりすの丘公園」内にある日帰り温泉施設です。

露天風呂、内湯ともに広々としたお風呂が楽しめます。特に露天風呂は開放感たっぷるなくらい広く、岩風呂風の造りで、周りには木々が生い茂りマイナスイオンもたっぷり、リラックス効果抜群です。

また夕暮れ時の露天風呂はロマンチックでオススメ。夕方から日没まで刻々と変化する風景は趣たっぷり。

2階には畳敷きの休憩所もあり、お風呂上りにゴロゴロするのにぴったりです。

pacorashさん(@pacorash)がシェアした投稿 -


出典:instagram/pacorashさん

出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」の施設情報



●名称:出雲いりすの丘公園「ひかわ美人の湯」
●住所:島根県出雲市斐川町学頭3646-1
●電話番号:0853-72-5526
●営業時間: 10:00~21:30 ※最終受付21:00
●定休日:不定休
●日帰り入浴料金:※2018年5月現在の料金

・大人(高校生以上)/600円
・65歳以上・小中学生/400円
・小人(3歳以上)/200円

●泉質: ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

●公式サイト:http://www.mishimane.co.jp/16.html


5,道の駅湯の川の「足湯」




出典:instagram/masato0077さん

湯の川温泉の日帰り温泉四つ目は道の駅湯の川の「足湯」です。

日帰り温泉なんですがお風呂ではなく、名前の通り道の駅に併設された足湯です。

せっかく湯の川温泉に来たら、やっぱり足湯もおさえておきたいですよね。日帰り入浴の時間がない方でも足湯だったら!という方もいらっしゃるはず。ドライブがてら気軽に日本三大美人の湯を体験することが出来ます。

しかも料金が無料なのが嬉しいポイントです。

5人ほどが利用できる大きさの足湯には地下1200mからくみ上げた源泉をそのままかけ流しにしています。温泉に浸かるのは足だけですが、熱めのお湯で意外としっかり身体が温まります。

また足湯の隣には温泉を販売する温泉スタンド(有料)があり、地元の人たちはよく利用しているようです。


出典:instagram/yuki_arcadiaさん

道の駅湯の川の「足湯」の施設情報



●名称:道の駅湯の川の「足湯」
●住所:島根県出雲市斐川町学頭825-2
●電話番号:0853-73-9327
●営業時間:

・3月~9月/9:30~18:30
・10月~2月/9:30~17:00

●定休日:なし
●料金:無料
●泉質: ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

●公式サイト:http://tokusan-hikawa.com/basics.cgi?g=3&c=18


6,宿泊で利用できる「湯の川温泉」の旅館



ここまでは日帰りで楽しめる湯の川温泉をご紹介してきましたが、せっかく島根まで行くなら宿泊してゆっくり過ごしたいという人も多いですよね。

そこで、湯の川温泉にある宿泊施設もご紹介しておきたいと思います。

どの旅館も日本三大美人の湯をかけ流し楽しめるのもちろん、料理のレベルが高いのが注目したいところ。

島根の自然の中で、日頃の忙しさを忘れて温泉に料理に満喫してみてください。

以下に湯の川温泉の温泉旅館の施設を一覧にまとめてみましたのでご覧ください。

湯宿 草菴(草庵)
松園
湖静荘
湯元 湯の川
四季荘


7,日本三大美人の湯とは?



鑓水 セイヤさん(@seiya_yarimizu)がシェアした投稿 -


出典:instagram/seiya_yarimizuさん

世界三大○○、日本三大○○などいろんなベスト3がありますが、もちろん温泉にもあります。

それは、今回の記事でもご紹介してきた「日本三大美人の湯」。

ご存知の人も多いかと思いますが、日本三大美人の湯とは和歌山「龍神温泉」、群馬「川中温泉」、そして島根「湯の川温泉」のことです。

温泉にはもともと美容効果や健康増進効果がありますが、その中でも特に美容に効果的とされるのがこの3つの温泉なんです。どれもけっこう田舎で訪れるのが少々不便な場所にあるのですが、温泉好きや美容マニアには人気が高いんですよ。

女性にとって「美人になれる」と言という言葉はとっても魅力的ですよね。

温泉のリラックス効果と合わせて、日本三大美人の湯で心も身体もすっきり美人になりましょう。

日本三大美人の湯について詳しくは以下をご覧下さい。

関連記事

「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。



8,ゆ〜ナビ編集部コメント



島根というと出雲大社くらいしか思いつかない人もいるかと思いますが、実は日本三大美人の湯「湯の川温泉」がある県として温泉好きの中では有名なんです。

今回ご紹介した日帰り温泉施設は旅館でも比較的リーズナブル料金で利用出来ます。

もちろんどこも泉質は抜群。柔らかくて肌を包み込んでくれるような感覚はまさに美人の湯にピッタリ。そして島根という土地柄自然が豊かなのも特徴で、温泉に入りながら四季折々の自然が楽しめるのも良いですね。

もっと気軽に温泉を体験したいという場合は「道の駅湯の川」の足湯もいいと思います。

出雲大社に近い温泉施設もあるので島根観光と一緒にぜひ利用してみてください。



記事作成日:2018年5月29日
記事作成者:ゆーナビ編集部


 シェア  ツイート  はてブ  Google+  LINEで送る
この記事に関するキーワード
日帰り温泉 オススメまとめ 温泉 源泉掛け流し お風呂 露天風呂 泉質

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ