スパ銭&温泉お役立ち情報
東海エリア
岐阜県

「養老温泉ゆせんの里(天然温泉みのり乃湯)」開放感たっぷりの露天風呂と韓国式サウナ汗蒸幕・岩盤浴が体験できる温熱療法館は必見!養老の滝の観光とセットがオススメです。

養老の滝
養老山脈のふもと、岐阜県養老町にある「養老温泉 ゆせんの里」(日帰り温泉は、天然温泉「みのり乃湯」)。

この「養老温泉 ゆせんの里」のすぐ近くには、「養老の滝」があります。
皆さんもご存知の通り、養老公園内にある「養老の滝」は、観光スポットとしても有名ですよね。

滝の水が酒に変わったという昔話が今でも語り継がれ、紅葉時には多くの観光客が訪れます。

今回ご紹介する「養老温泉 ゆせんの里」は、宿泊施設「ホテルなでしこ」もある温泉宿施設なんです。但し、普通の温泉宿とは違って、天然温泉の源泉掛け流しが堪能できるのはもちろん、それに加えて「温熱療法館」と呼ばれるちょっとかわった施設があります。

温熱療法館では、本場韓国の汗蒸幕(ハンジュンマク)や岩盤浴などデトックスに効果的な施設となっており、是非、「養老温泉 ゆせんの里」を訪れた際にはおさえておきたいポイントです。

また「養老温泉 ゆせんの里」や「養老の滝」の近隣には「焼肉街道」と呼ばれる何とも気になるロードがあり、「美味しい飛騨牛」を「格安な値段で楽しめる焼肉店」が点在しています。

その中にはテレビ取材で取り上げられた有名店もあり、休日は早い時間帯から行列ができるほど。

「養老の滝」を観光してから、「養老温泉 ゆせんの里」で日帰り温泉と岩盤浴などで汗を流して堪能した後、美味しい飛騨牛を食べて帰る・・なんて想像しただけで最高です。笑

今回は、岐阜県「養老温泉 ゆせんの里」の温泉情報や岩盤浴情報、アクセス、口コミなどについて、ご紹介します。


岐阜「養老温泉 ゆせんの里」のご紹介 - 目次 -



1,「養老温泉 ゆせんの里」本館の「みのり乃湯」で露天風呂と源泉かけ流しの温泉を堪能
2,「養老温泉ゆせんの里」併設の「温熱療法館」では韓国式サウナ汗蒸幕や岩盤浴を体験
3,「養老温泉ゆせんの里」源泉の泉質紹介
4,岐阜「養老温泉 ゆせんの里」基本情報
5,「養老温泉 ゆせんの里」の口コミ・評判について
6,「養老温泉 ゆせんの里」までのアクセス情報
7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1,「養老温泉 ゆせんの里」本館の「みのり乃湯」で露天風呂と源泉かけ流しの温泉を堪能



ここ「養老温泉 ゆせんの里」には本館の「天然温泉 みのり乃湯」と、併設の「温熱療法館」という2つの温泉施設があります。

まずは「天然温泉 みのり乃湯」のご紹介から。


出展:instagram/wulungteaさん

内湯の温泉は茶褐色でもちろん「源泉かけ流し」です。

※詳しい源泉情報については、この後ご紹介しますので、そちらをご覧下さい。

内風呂は高温風呂(42度)と低温風呂(38度)がありますが、入浴方法のオススメとしては、まず「ぬるめのお湯」から入ってしっかりと身体を温めてから「熱めのお湯」に入るのがベストです。身体に負担をかけることなく温泉を堪能することができます。

露天風呂もあって、外は開放的なテラスとなっており、鈴鹿山脈が一望できます。まずはこの開放感をたっぷりと味わってくださいね。
露天風呂は、比較的ぬるめなので、ゆったりとお湯につかりながらぼーっと景色を楽しむのもひとつですね。

サウナは常に約90度に設定されており、心地よい発汗で心も体もリフレッシュしてくれます。
もちろん水風呂もあり。

また施設は館内着の貸し出しがあり、リラックスゾーンではゴロンとくつろげるリクライニングシートが多くあります。
ヒーリングミュージックに包まれながら、湯上り後のほてった身体をゆったりと休めるのに最適ですよ。

お食事処は和風ダイニングの「MINORI」があります。
丼ものや麺類、定食などメニューも豊富。


出展:instagram/yusen_no_satoさん

2,「養老温泉ゆせんの里」併設の「温熱療法館」では韓国式サウナ汗蒸幕や岩盤浴を体験



「養老温泉ゆせんの里」にはもう一つ併設された「温熱療法館」という温泉施設があり、こちらは是非おさえておいていただきたいポイントです。

そちらには韓国式サウナ養老汗蒸幕(ハンジュンマク)や岩盤浴、内湯、貸し切り風呂などがあります。

「汗蒸幕(ハンジュンマク)」



「汗蒸幕(ハンジュンマク)」とは、那須高原・安山岩の石造りの高さ9m、内径6mの小屋のような遠赤外線ドーム型サウナで、幕(ドーム)を高温に熱して、その中で体を温めて汗を流すというスタイルです。

利用する際は専用の館内着と大判のバスタオルを受付で受け取ります。


出展:instagram/kayoko_kanasashiさん


出展:instagram/amikikoさん

サウナ内部の温度は90℃~120℃と高温となっており、バスタオルをかぶるようにしながら入ります。
すぐに熱風が身体に伝わり、汗がぽたぽたと噴き出てきますよ。

大量の汗が出てくると体内から毒素が排出されるデトックス感を味わえます。

足先がとても熱くなりますので、受付で渡された靴下を忘れずに。


出展:instagram/chie_indさん

またサウナ入口外にはビート版が置いてありますので、おしりに敷くと良いかと思います。
ロビーには天然井戸水の冷水器と塩が置いてありますので、熱中症予防に適度に水分補給をしてくださいね。

●オススメの「汗蒸幕(ハンジュンマク)」の入浴方法

「5分〜10分」汗蒸幕(ハンジュンマク)の房に入り、「3分〜5分」休憩をする。

この流れを「約3回」ほど繰り返して入るとホント気分爽快ですよ。

※個人差がありますので、体調がすぐれない方や高温が苦手な方は絶対に無理はしないようにしましょう。

内湯「紫雲の湯」



その他には、内湯の「紫雲の湯」があります。

「紫雲の湯」は、岐阜県産の紫雲石を使った贅沢な浴槽。
ナトリウム・カルシウム・塩化物泉の天然温泉で、「天然温泉みのり乃湯」と同じ養老温泉を利用した源泉かけ流しの温泉です。

岩盤浴「ねころびの床 五色岩盤浴」



更には、岩盤浴「ねころびの床 五色岩盤浴」もあります。
暖かい天然鉱石の上に寝転がって、大量の汗をかいてデトックス。

前途でご紹介した「汗蒸幕(ハンジュンマク)」は、とても高温サウナで、高温が苦手な方は、こちらの「ねころびの床 五色岩盤浴」がオススメです。

「麦飯石、虎石、紫雲石、祖谷石、五色石」と、石の種類にも色々あります。

貸し切り風呂「こすもす」



赤ちゃんや小さなお子様連れの方は、貸し切り風呂「こすもす」を利用するのもありでしょう。

事前予約制で、「60分3000円」で利用できます。

レストラン「自然の恵」



「温熱療法館」にもレストラン「自然の恵」があります。
こちらでは、四季折々の食材を使った料理が自慢で、季節会席や御膳など、本館レストランよりも少し高級なお食事がいただけます。


出展:instagram/satsuki252525さん


出展:instagram/wangziyi9921さん


「日常の忙しさを忘れてゆっくりしたいな」という時にこちらの温泉はとても最適。
家族連れでもカップル・友達同士でも一日リラックスして遊べますよ。

なお、ここ「養老温泉ゆせんの里」には宿泊ホテル「なでしこ」も併設されています。

ヨーロッパ風の佇まいで、宿泊客は「養老汗蒸幕」、「療法浴場さらさ」、「紫雲の湯」、「みのり乃湯」が利用可能です。


出展:instagram/saru.chiiさん

周辺に観光スポットもあるので、思う存分遊んで食べて癒されたいたいという方は、ホテルに宿泊されてみるのも良いでしょう。


3,「養老温泉 ゆせんの里」源泉の泉質紹介



源泉名:養老温泉2号泉
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(等張性 中性 温泉)
源泉温度:40.5度 
PH値:Ph7.4(中性泉)
湧出量:400L/min

効能:

神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、関節痛、痔疾、慢性リウマチ性疾患、更年期障害、健康増進など


4,岐阜「養老温泉 ゆせんの里」基本情報




出展:instagram/bikuta29さん

名前:養老温泉ゆせんの里(天然温泉みのり乃湯)
英語表記:YORO ONSEN YUSENNOSATO
郵便番号:503-1316
住所:岐阜県養老郡養老町押越1522-1
電話番号:0584-34-1313
定休日:毎月第4木曜日 ※祝日または風呂の日(26日)の場合は前日が休館日

本館「天然温泉みのり乃湯」

営業時間:
8:00 ~ 22:00 ※最終入館受付 21:30

本館 日帰り温泉の入浴料:※2017年7月現在

・大人(平日)/700円
・大人(土日祝)/800円
・子供/400円
・回数券(全日券/9枚綴り)おたのしみ券付/5,500円
※「おたのしみ券」の枚数に応じてプレゼントあり
・館内着タオルセット付回数券/10,500円

その他の備品の料金:

・タオル/200円
・館内着タオルセット(館内着・スポーツタオル・フェイスタオル)/550円

お風呂の種類:

・露天風呂
・高温風呂
・低温風呂
・サウナ
・水風呂

温熱療法館

営業時間:
10:00~23:00 ※最終入館受付 21:00

温熱療法館 入浴料:※2017年7月現在

・大人/1500円
・子供/900円(紫雲の湯のみ)

その他の備品の料金:

・フェイスタオル/100円
・スポーツタオル/200円
・館内着/250円
・みのり乃湯(入浴料のみ)/平日400円、土日祝500円
・ねころびの床 五色岩盤浴/600円
・レンタル水着/300円
・貸切風呂 こすもす/60分3000円(事前予約制)

※小学生以下の方は「養老汗蒸幕」、「療法浴場さらさ」を利用できません。
※「療法浴場さらさ」 は水着が必要です。

お風呂の種類:

・養老汗蒸幕
・内湯
・全身浴
・寝湯
・歩行プール
・水風呂
・アロマレスト
・薬草蒸気浴
・五色岩盤浴
・貸切風呂

駐車場:無料駐車場あり250台
公式サイト:http://natural-co.com/


5,「養老温泉 ゆせんの里」の口コミ・評判について



では、ここ「養老温泉ゆせんの里」の本館「天然温泉みのり乃湯」や、温熱療法館の「養老汗蒸幕」を体験した方の口コミ・評判について見てみましょう。



















「養老温泉ゆせんの里」には様々なお風呂やサウナ、また韓国式サウナ汗蒸幕・岩盤浴、食事処、宿泊ホテルまでが揃っていて、外観もヨーロッパ風でかなりおしゃれな温泉施設というだけあって、皆さんからの口コミや評判はかなり良さそうですね。

岐阜近辺では結構おすすめされるスポットのようです。
養老の滝などの観光と合わせて「養老温泉ゆせんの里」を楽しまれるとよいかもしれないですね。


6,「養老温泉 ゆせんの里」までのアクセス情報





郵便番号:503-1316
住所:岐阜県養老郡養老町押越1522-1
電話番号:0584-34-1313

(車)
名神高速道路「大垣IC」から約15分
名神高速道路「関が原IC」から約15分

(電車)
養老鉄道「美濃高田」駅から徒歩約15分

●無料シャトルバス情報

JR大垣駅、JR岐阜羽島駅、JR尾張一宮駅、名鉄一宮駅、JR稲沢駅、名鉄国府宮駅、近鉄富吉駅、名鉄津島駅より無料シャトルバスが運行。

「無料シャトルバスの時刻表」はこちらをご覧下さい。


7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント



いかがでしたか?

岐阜県「養老温泉 ゆせんの里」には、源泉かけ流しの温泉や韓国式サウナの汗蒸幕、療法浴場など、お風呂施設が充実しています。

値段も入館料と食事代を含めても3500円程で一日リラックスできるので、家族で観光と含めて訪れるのも楽しい休日になりそうですね。

午前中は養老公園で散策して、午後からお風呂を愉しんで、夜は併設しているレストランかもしくは近くの有名焼肉店で夜ご飯という流れが日帰りの王道パターンでしょうか。

施設の付近は田んぼ、山という自然が豊かで空気も澄んでいますので、本当にリラックスできますね。
岐阜周辺を訪れる方は、是非チェックしてみてください。
  • この記事に関するキーワード
    日帰り温泉 源泉掛け流し 露天風呂 フィットネス リラクゼーション 岩盤浴 オススメ店舗情報

    同じカテゴリの最新記事はこちら

     条件検索

     人気の記事

    No.1
    No.2
    No.3
    No.4
    No.5
    No.6
    No.7
    No.8
    No.9
    No.10

     カテゴリ