スパ銭&温泉お役立ち情報
関東エリア
栃木県

まるで墨汁!「塩原元湯温泉 大出館」の「墨の湯」で体とタオルを真っ黒に染めるレア体験!

塩原温泉郷の発祥の地とされる元湯温泉 (もとゆおんせん) 。
大同元年(806年)に如葛仙という人物が発見したことが温泉のはじまりとされており、その後湯治場として栄えていたものの大地震により一帯が埋没し、今では3軒の温泉宿があるのみとなりました。

その3軒の中でも最も高台にあり、眺望の良い宿として知られるが今回ご紹介する「大出館」です。

ここ「大出館」には「墨の湯」という特徴的なお風呂があります。
100%源泉かけ流しなのですが、お湯は墨汁のように真っ黒。

このような温泉は国内でも唯一で、類を見ない珍しい名湯として全国各地から温泉好きの旅行客が集まります。

「大出館」は温泉宿なので宿泊できる訳ですが、日帰りの入浴も可能。
もちろん、「墨の湯」以外にも内湯や露天風呂、貸切家族風呂など色々なお風呂があって、日帰りでもそれら全て利用できます。


栃木「塩原元湯温泉 大出館」のご紹介 - 目次 -



1,塩原元湯温泉「大出館」の「墨の湯」は鉄分が豊富!墨汁のような黒さに衝撃!
2,「大出館」は混浴が基本。でも女性専用風呂や時間帯もあるので安心です
3,「大出館」の源泉の泉質紹介
4,「大出館」の基本情報
5,「大出館」の口コミ・評判について
6,栃木「塩原元湯温泉 大出館」までのアクセス情報
7,ゆ~ナビニュース編集部コメント


1,塩原元湯温泉「大出館」の「墨の湯」は鉄分が豊富!墨汁のような黒さに衝撃!



塩原元湯温泉「大出館」の最も特徴的な魅力は、何といっても「墨の湯」です。
日本ではここでしか体験することのできない唯一の名湯で、お湯には鉄分がたっぷりと含まれているとか。


出典:instagram/ma_a_a_0319さん

鉄分を含む温泉と言えば赤茶色のお湯が一般的に知られていますが、ここ「大出館」の「墨の湯」だけは何故か墨汁のように黒いお湯になるのだそう。

「墨の湯」の隣にある濁り湯は「鹿の湯」ですが、比べてみるとその差は歴然ですね。
源泉かけ流しでこれだけ黒いのは不思議です。

温泉につかると体には黒い湯花が付着し、タオルをつけると真っ黒に染まります。
これを記念品として持ち帰るのも良いですね。

効能はリュウマチ、糖尿病、関節痛、神経痛などに効くとされています。


出典:instagram/tom03jpさん


2,「大出館」は混浴が基本。でも女性専用風呂や時間帯もあるので安心です



「大出館」の浴槽は、基本的に混浴となっています。
先ほど紹介した「墨の湯」と「鹿の湯」も混浴風呂になっていますが、女性専用時間が設けられており、その時間帯は女性のみの利用になります。

内湯の「平家かくれの湯」や「御所の湯」なども混浴ですが、露天風呂については混浴風呂と女性専用風呂にエリアが分かれています。


出典:instagram/stusshintaさん

また貸切家族風呂もあるので、カップルや家族で一緒に温泉を楽しむことも出来ますよ。

「墨の湯」以外のお湯には、天候や季節でその日によって色が変化する「五色の湯」という源泉が使用され、エメラルドグリーンや乳白色、雨が降った日には灰色になるというちょっと不思議な温泉です。


出典:instagram/abykosanさん

脱衣場などが男女共用のところもあるため、女性にとっては難易度の高い混浴風呂も一部ありますが、「墨の湯」と「五色の湯」のどちらも女性専用の時間やお風呂があるので、源泉を楽しむという意味では両方存分に楽しめるでしょう。

ちなみに家族風呂は予約制ではありません。
空いていれば無料で自由に利用することができます。


3,「大出館」の源泉の泉質紹介



五色の湯

源泉名:御所の湯
泉質:含硫黄 -ナトリウム- 塩化物 炭酸水素塩温泉
源泉温度:50.9度
PH値:不明
湧出量:不明

効能:

野天風呂/神経痛
御所の湯/胃腸病
平家かくれの湯/糖尿病
墨の湯/リューマチ
高尾の湯(子宝の湯)/婦人病
婦人風呂/胃腸病


墨の湯

源泉名:五色の湯 No.3
泉質:含硫黄 -ナトリウム- 塩化物 炭酸水素塩温泉
源泉温度:52.6度
PH値:不明
湧出量:不明

効能:

リュウマチ、糖尿病、関節痛、神経痛など


4,「大出館」の基本情報



U Yong Yongさん(@44u)がシェアした投稿 -


出典:instagram/44uさん

名前:塩原温泉 大出館
英語表記:SHIOBARA ONSEN OIDEKAN
郵便番号:329-2922
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原102
電話番号:0287-32-2438
休館日:不定休

日帰り入浴時間:10:00~16:00(最終受付は~14:00)

日帰り入浴料金:

大人(15歳以上)/600円
子供(3歳~15歳未満)/300円

宿泊料金(一名あたり一泊二食付き):

大人/8,790~14,190円
子供(15歳未満)/ 6,480円
幼児(6歳未満)1泊2食付 寝具付/4,320円
幼児(6歳未満)食事なし 寝具付/1,080円
幼児(6歳未満)食事・寝具なし/無料

※他にも素泊まりプランや朝食なしプランなどあり。

お風呂の種類:

・墨の湯
・鹿の湯
・高尾の湯
・平家かくれの湯
・御所の湯
・藤の湯(貸切家族風呂)
・露天風呂(女性専用あり)

駐車場:無料駐車場あり25台

公式サイト:https://www.ooidekan.com


5,「大出館」の口コミ・評判について



真っ黒な「墨の湯」が名物の塩原元湯温泉「大出館」ですが、ではここで実際に温泉を訪れた方々の口コミ・評判について見てみましょう。



















やはり温泉については「墨の湯」が一番人気のようですね。
日本唯一というくらい珍しく貴重な温泉ですので、結構人気があって賑わっているようです。

なので週末や祝日などは秘湯という感じはあまりないかもしれません。

日帰り利用でも、600円で墨の湯と五色の湯の全ての浴槽に入ることができるので、温泉好きの方にはおすすめでしょう。


6,栃木「塩原元湯温泉 大出館」までのアクセス情報





郵便番号:329-2922
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原102
電話番号:0287-32-2438

(車)
西那須野塩原ICより約35分で元湯温泉へ、大出館まで約4km

(電車・バス)
JR「那須塩原駅」よりバスで約60分
JR「西那須野駅」よりバスで約50分


7,ゆ~ナビニュース編集部コメント



温泉の成分が濃いこともあって、施設は全体的に傷んでいるところも多いですが、湯治場という雰囲気を感じるにはぴったりかと思います。

訪れた方々が口をそろえて「こんなお湯初めて見た」というほど珍しい温泉「墨の湯」。
生きている間に一度は体験してみたいものですね。

この記事に関するキーワード
源泉掛け流し 露天風呂 日帰り温泉

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ