スパ銭&温泉お役立ち情報
関東エリア
群馬県

ここにもあった「千と千尋の神隠し」の世界を体験!大正ロマン満載のお風呂が堪能できる群馬の四万温泉「積善館」を訪れる。

四万温泉 積善館の本館外観
群馬県には約500個とも言われるほどたくさんの源泉があるまさに温泉天国の地域です。有名な温泉地には草津温泉、万座温泉、伊香保温泉などがありますが、そんな中で今回は四万という数の病をも治してくれるといわれる不思議なお湯を持つ「四万温泉」の中にあり、歴史ある「あることで有名になった」温泉旅館(日帰り温泉)のご紹介です。

群馬の自然豊かな奥地にある四万温泉。日本で初めて「国民保養温泉地」として指定された有名な温泉地でもあり、その温泉街の川沿いを歩いていると立派なホテルもあちらこちらにあります。しかし、その中でもひと際異色を放つ朱色の欄干を見つけたら、そこが今回ご紹介する日本でもっとも古い温泉湯治宿の「積善館(せきぜんかん)」です。

「積善館」は、まわりの雰囲気とはまるで違って橋の前に立っているとスッと引き込まれそうになります。元禄4年(1691年)に建てられたという歴史ある本館は300年もの長き間、この地にどれだけの湯治客を迎え入れたことでしょうか。ガラガラと少し重みのあるガラスの引き戸を開けて色つややかな玄関先の上がりどに腰を下ろせばすでに江戸時代へとタイムスリップです。

そして、この積善館が「あることで有名になった」のですが、それがあの「千と千尋の神隠し」の中に登場するひとつの温泉宿のモデルになったことから、今では多くの観光客が訪れるようになりました。

「千と千尋の神隠し」の映画を観られた方は、是非、映画の中のシーンを思い浮かべながらご覧下さい。映画をご覧になったことがない方も、江戸時代へとタイムスリップした気分で、古き好き雰囲気の温泉宿のお風呂をご覧下さい。


四万温泉「積善館」の記事のご紹介 - 目次 -



1.千と千尋の神隠しのモデルになった「積善館」の魅力とは?
2,日本初!国民保養温泉地になった四万温泉の泉質紹介
3,四万温泉「積善館」の基本情報
4,四万温泉「積善館」までのアクセス情報
5,Googleストリートビューで眺める「積善館」
6,四万温泉その他の日帰り温泉施設情報
7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1.千と千尋の神隠しのモデルになった「積善館」の魅力とは?



「大正ロマン満載のお風呂」・「洋風でモダンな造りのお風呂」・「千と千尋の神隠しのモデルに」・「日本最古の木造湯宿建築」・「群馬県の指定文化財」など、数多くの魅力的な要素がある「積善館」の見どころをご紹介していきます。

扉を開ければ思わず立ち止まる!洋風・モダンな造りの「元禄の湯」は必見!




出典:instagram/channnmaさん


出典:instagram/1harbour.road122さん

四万温泉「積善館」のお風呂と言えばまずは「元禄の湯」に浸かっていただきたい。
脱衣所から扉を開けた瞬間、ほとんどの人が一度足を止めてその珍しいお風呂に見とれてしまうほどです。

洋風でモダンな造りのお風呂は、半円形のアーチの窓やタイル張りの床に石造りの浴槽など、まさに「大正ロマン」満載のお風呂で、ここでしか味わえないはずです。


出典:instagram/aokei14さん

写真は「杜の湯」です。

その他にも森林浴によるマイナスイオンを浴びて入る「杜の湯」、貸切の「山荘の湯」、「岩風呂」など個性的なお風呂ばかりです。できればすべてのお湯を堪能してみたいですね。自家源泉で毎分約900リットルものお湯が沸き出ているためにいつも湯船は新鮮なお湯で溢れています。

●参考情報●

・日帰り温泉の場合は、「男女別の内湯(元禄の湯)」と「混浴の内湯(岩風呂)」のみ入浴可能です。

千と千尋の神隠しのモデルになった「積善館 本館」



古くからある温泉宿のいくつかは「千と千尋の神隠し」のモデルになっていたりします。道後温泉をはじめ、ここ「積善館」もそのひとつです。そのため全国的にも有名になり今では多くの観光客が訪れるようになったのだとか。

それぞれモデルになった場所を見てみると、「千と千尋の神隠し」を観た人ならとてもよく似てるのですぐにわかるでしょう!


出典:instagram/tommy._.1231_さん

写真は、「本館前の朱色の橋」

harukaさん(@h_r_k_1023)が投稿した写真 -


出典:instagram/h_r_k_1023さん

写真は、「本館と山荘をつなぐトンネルの廊下」

映画にも登場する「朱色の橋」や「本館と山荘をつなぐトンネルの廊下」など見覚えがある景色ですね。旅館のご主人による「千と千尋の神隠し」館内ツアーもあるので参加してみるとモデルになったいきさつや裏話なんかも聞けるかもしれません。


出典:instagram/mariajunkoroswellさん

本館は、日本最古の木造湯宿建築。一生に一度は訪れてみたいですね。


2,日本初!国民保養温泉地になった四万温泉「積善館」の泉質紹介




出典:instagram/evetkaranさん

四万温泉の中では、源泉が数多くの場所から湧出しています。その中でも「積善館」は、自然湧出した自家用の温泉です。

泉質:ナトリウム・カルシウム 塩化物硫酸塩泉
温度:78℃
湯量:毎分900リットル
効能:リウマチ性疾患、運動器障害、慢性湿疹、更年期障害、など
飲泉:慢性消化器疾患、慢性便秘、慢性肝胆道疾患、肥満症、蕁麻疹、など


3,四万温泉「積善館」の基本情報



mamiさん(@mymammy84)が投稿した写真 -


出典:instagram/mymammy84さん

名前:四万温泉 積善館
英語表記:SHIMANONSEN SEKIZENKAN
郵便番号:377-0601
住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
電話番号:0279-64-2101
休館日:無休
営業時間:

「元禄の湯」、「岩風呂」の利用と休憩室の大広間、積善やのセット
10:00~16:00

日帰り温泉の入浴料:※2016年5月現在

・1200円

客室休憩:※2016年5月現在

・1室5400円 ※11:00~17:00の間4時間

施設に備え付けてある備品:

・シャンプー
・リンス

その他の備品:

・バスタオル/850円
・タオル/350円

駐車場:専用駐車場有り。※17台/無料
公式サイト:http://www.sekizenkan.co.jp/


4,四万温泉「積善館」までのアクセス情報





郵便番号:377-0601
住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
電話番号:0279-64-2101
交通情報:

(電車&バス・車)

JR吾妻線「中之条」駅下車、バス乗車で終点で下車 ※約40分


5,Googleストリートビューで眺める「積善館」





「積善館 本館」の外観と周辺を眺めることができます。



元禄の歴史ある建物の中で貴重な体験ができる「積善館 本館」とは違い、プレミアムクラスのくつろぎを味わえる「積善館 佳松亭」の外観を眺めることができます。


6,四万温泉その他の日帰り温泉施設情報



四万温泉のマップ

四万温泉のマップと温泉旅館一覧

出典:四万温泉協会公式サイト/http://shimaonsen.com/one-day/

四万温泉のマップ(PDF)はこちら

四万温泉には良質な源泉が楽しめる温泉旅館がたくさんあり、その中でも「日帰り温泉」プランが用意されている旅館も多くあります。大自然と温泉しかない四万温泉エリアでは、ゆっくり四万温泉の「湯めぐり」をして楽しむのが一番かもしれません。

湯の宿 山ばと




出典:instagram/fukuchan_6さん

●日帰り温泉入浴のみ

営業時間:11:00 ~15:00
入浴料:1時間1000円/1人
貸切風呂:1時間1000円/1箇所

●その他、日帰り温泉プラン

・日帰り入浴/客室休憩/お膳料理 ※昼食

営業時間:11:00 ~14:00
料金:6,480円

・日帰り入浴/客室休憩/お膳料理 ※夕食

営業時間:16:00 ~20:00
料金:8,640円

詳しくは日帰り温泉プランのご案内をご覧下さい。
http://shima-onsen.jp/index.html

四万やまぐち館




出典:instagram/cherry07さん

●日帰り温泉入浴のみ

営業時間:12:00 ~19:00
入浴料:1時間1000円/1人

●その他、日帰り温泉プラン

・日帰り入浴/客室休憩/昼食付き

コース:上州もち豚鍋コース
営業時間:11:30 ~14:30
料金:3,500円

・日帰り入浴/客室休憩/昼食付き

コース:上州もち牛鍋コース
営業時間:11:30 ~14:30
料金:4,700円

詳しくは日帰り温泉プランのご案内をご覧下さい。
http://yamaguchikan.co.jp/sub/higaeri.html

豊島屋




出典:instagram/sgnmm1026さん

●日帰り温泉プラン

・日帰り入浴/客室休憩/夕食付き

営業時間:15:00 ~21:00
料金:9,800円

※タオル、バスタオル、浴衣込み

詳しくは日帰り温泉プランのご案内をご覧下さい。
http://www.tosimaya.co.jp/higaeri.html

あやめや旅館



●日帰り温泉入浴のみ

営業時間:11:00 ~15:00
入浴料:600円

●その他、日帰り温泉プラン

・日帰り入浴/客室休憩/

営業時間:11:00 ~15:00
入浴料:2,500円

・日帰り入浴/客室休憩/麺類 ※昼食

営業時間:11:00 ~15:00
料金:2,500円

・日帰り入浴/客室休憩/お膳料理 ※昼食

営業時間:11:00 ~15:00
料金:4,000円

詳しくは日帰り温泉プランのご案内をご覧下さい。
http://shima-ayameya.com/spa.htm#higaeri

つばたや旅館



●日帰り温泉入浴のみ

客室が空いていない場合は利用出来ませんので、ご注意下さい。

営業時間:11:00 ~15:00
入浴料:1000円/1人 ※2時間まで

詳しくは日帰り温泉プランのご案内をご覧下さい。
http://www16.plala.or.jp/tubataya/guidance.html


6,ゆ〜ナビニュース編集部コメント



千と千尋の神隠しのモデルになったということで更に人気が出た四万温泉「積善館」。元禄の時代から歴史ある「積善館」の名前の由来もきちんとあるとのこと。その由来とは・・・昔は世襲制で同じ名前を代々受け継がれていました。四万温泉で湯宿を営んでいた関善兵衛氏は周りから親しまれて「せきぜん」さんと呼ばれていたそうです。また、中国の古いことわざにある「積善の家に余慶あり」善い行いをしてきたお家には必ず良いことが舞い降りてくるという意味から積善館と名付けられたそうです。

そんな名前の由来を聞いて、四万温泉「積善館」を訪れたお客さんにもきっと幸せが舞い降りてくるのでは?と思いました。

四万温泉には今回ご紹介した温泉旅館だけでなく無料の外湯もいくつかあります。温泉街から少し離れた所にある「御夢想の湯」は四万温泉の発祥の湯とされています。まずは日和見堂薬師堂でお参りして御夢想の湯に浸かれば、四万の病を癒してもらう事が出来そうですね。また飲んでも健康に良いことから、飲泉所もありますし、足湯などもありますので、温泉街を色々めぐってみてくださいね。
この記事に関するキーワード
温泉 日帰り温泉 源泉掛け流し 露天風呂 お風呂 オススメ店舗情報

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ