スパ銭&温泉お役立ち情報
北陸・甲信越エリア
長野県

長野の野沢温泉で外湯巡り!おすすめの共同浴場や足湯、温泉卵など温泉街の遊び方を徹底紹介!

出典:食べログ公式サイト/http://tabelog.com/
長野県の温泉地と言えば野沢温泉でしょう。
「ミシュラン・グリーンガイド日本編」において、温泉地として長野県で唯一2つ星を獲得した世界的にも有名な観光地です。

温泉だけでなく、冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツで訪れる方も多いでしょう。
温泉旅館や土産物屋が軒を連ねており、夜でも観光客で賑わっています。

温泉街の真ん中に、どーんとそびえ立つ湯屋建築の建物。
平成7年に建て直されたばかりの「大湯」をはじめとし、この野沢温泉には新しいものから味のある外湯が、なんと13も集まっています。

源泉はアルカリ性で、100%の天然温泉。
野沢温泉には30余りの源泉があり、40℃~90℃とかなり熱めのお湯は五臓六腑にまで思いっきりと浸みわたります。

そしてそれらが全て無料で利用可能!
江戸時代から引き継がれているこの共同浴場は、今も地元の住民たちによって大切に維持管理されているのだそうです。

そんなお湯を、私たちにもおすそ分けしていただけるんです。
入り口に置いてある賽銭箱へ、心ばかりの寸志を入れたら、まずは源泉100%のお湯をありがたく頂きましょう。

それぞれの共同浴場は泉質や効能が少しずつ違うお湯のために、どの外湯に入るかと温泉街を散策してみるのも楽しいかもしれません。

今回は、そんな野沢温泉の中でもおすすめの外湯をそれぞれ紹介しましょう。


長野県「野沢温泉」の記事のご紹介 - 目次 -



1,「野沢温泉」の外湯巡り
2,野沢の温泉街の楽しみ方
3,「野沢温泉」の源泉の泉質紹介
4,「野沢温泉」の基本情報
5,参考チェック!「野沢温泉」の口コミ情報
6,長野県「野沢温泉」までのアクセス情報
7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1,「野沢温泉」の外湯巡り


まずは野沢温泉の13の外湯をチェックしておきましょう!
温泉街の外湯(共同浴場)はこちらの地図のように位置しています。


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

どの外湯も歩いて数分という距離。
近場にたくさんの外湯があることも、野沢温泉の外湯めぐりが人気の理由のひとつなのでしょう。

大湯(おおゆ)


yukiさん(@yukiyamayukiko)が投稿した写真 -


出典:instagram/yukiyamayukikoさん

どの湯が良いかと迷ったら、まずは「大湯」に入ってみましょう。
ここは野沢温泉のシンボルともいえる外湯。
温泉街の中心部に位置しており、江戸時代から伝わる趣のある湯屋建築が目印です。

玄関を入るとすぐそこにはもう湯船と更衣室があり、シャワーもなければシャンプーや石鹸なども置いてありません。
そばには、かけ湯用の桶があるのみ。
懐かしのケロリン桶。
ここでは体を洗う場所ではなく、体を癒す場所として捉えた方が良いかもしれませんね。

こちらのストリートビューから、大湯の内部を閲覧できますよ。


熊の手洗湯(くまのてあらゆ)



出典:instagram/lisaobinataさん

野沢温泉のお湯は基本的に熱いです。
人によっては熱すぎて、湯船に浸かることができない外湯もあるほど。

あまりの高温のために水で薄めて入ってもいいのですが、できれば周りに一言声をかけてから水を足した方が良いかもしれません。
地元の方はこの熱さが良いとされているために、水を足すことで温度も下がりまた成分も薄まってしまうために注意されることもあるかもしれません。

そんな熱いのが苦手な人には、この熊の手洗湯がお勧めです。
どの外湯もかなりの高温ですが、この「熊の手洗湯(くまのてあらゆ)」は比較的に温度が低く入りやすいかもしれません。

@t_m_mgramが投稿した写真 -


出典:instagram/t_m_mgramさん

ケガを負ったクマが、このお湯で傷を癒しているのを見つけたことから、「熊の手洗い湯」と名前がついたそうです。
ここのお湯が野沢温泉発祥のお湯とも言われているので、是非とも入る価値のある外湯ですね。


秋葉の湯(あきはのゆ)



出典:instagram/nakatanikenjiさん

公民館のような建物に看板が掲げられた秋葉の湯。
こちらも人気の外湯となっており、窓の曇りガラスから差し込む木漏れ日が綺麗と評判です。
宿泊中、朝晩を3日連続で利用する人もいるほど。

人気といっても、大湯からは少し離れているので、混雑は避けやすいと思われます。
場合によっては貸切状態にも。



十王堂の湯(じゅうおうどうのゆ)



出典:instagram/yasunoriさん

こちらも貸切状態が見込める外湯のひとつ。
二階建てなので脱衣所が広いです。

一方で、「かなり熱い」「熱湯レベル」と評判の外湯でもあります。
かなりの時間、お湯を水で埋めても結局入れなかったというお客さんも。。。
入浴の際はご注意くださいね。



河原湯(かわはらゆ)


yukiさん(@yukiyamayukiko)が投稿した写真 -


出典:instagram/yukiyamayukikoさん

大湯から少し下がったところにある河原湯。
その昔、渓流に沿った河原にあったことからそう名付けられたのだそうです。
こちらもかなり趣を感じる建物。

温度が高くて朝湯に良く、夏場に人気の温泉。
こちらも熱湯レベルと評され、水道全開でようやく入浴できるという方もいるほどです。


出典:instagram/yokkoberurinさん

横落の湯(よこちのゆ)


Yu Shimboさん(@bunnyyu)が投稿した写真 -


出典:instagram/bunnyyuさん

麻釜から引湯している横落の湯。
脱衣場が浴室と分かれているので、着替えやすいです。
湯の温度は高め。
こちらも時間によっては貸切になりやすい外湯です。

女湯の浴槽は円形でおしゃれなデザイン。



松葉の湯(まつばのゆ)


yukiさん(@yukiyamayukiko)が投稿した写真 -


出典:instagram/yukiyamayukikoさん

二階建ての古き良き日本の湯屋建築。
松葉民宿街の中心部にあります。
その昔、矢場があったことから「的場」がなまって「松葉」になったと言われています。

二階にお風呂があり、脱衣場と浴室は分かれています。
一階には温泉卵を作れるボックスあり。



その他の外湯


reiさん(@reihata)が投稿した写真 -


出典:instagram/reihataさん

その他、野沢温泉には麻釜の湯(あさがまのゆ)、上寺湯(かみてらゆ)、中尾の湯(なかおのゆ)、新田の湯(しんでんのゆ)、真湯(しんゆ)、滝の湯(たきのゆ)など、合計で13の外湯があります。

まずは人気の大湯を入浴されたあとは、それぞれ自分のお気に入りのお湯を探しに外湯めぐりをされてみてはいかがでしょうか?
朝方などは、人気も少なく貸し切り状態になるところも多いですよ。


2,野沢の温泉街の楽しみ方


野沢温泉では外湯以外にも楽しめるものが沢山あります。
せっかくの観光ですから、いろいろ体験しておきましょう!

足湯


@amber.1004が投稿した写真 -


出典:instagram/amber.1004さん

野沢温泉では入浴施設だけではありません。
もっと気軽に温泉を楽しめる「足湯」も各所に存在しています。
大湯の前やいくつかの旅館の前で体験可能。
もちろん、こちらも無料です。

ちなみに、足湯の入り方ってご存知でしょうか?
足湯は、ちょっと熱めの42〜43度くらいのお湯が効果的と言われています。
膝下10センチほどを温泉に10〜20分ほど浸して、顔や体が少し汗ばんできたかな?というタイミングが出頃。

足湯の効果は、ただ気持ちいいというだけのものではありません。
足を熱いお湯に浸けることによって、血管が広がり血の巡りが良くなります。

すると筋肉にたまった乳酸(疲労物質)がより早く体外に輩出してくれるため、代謝が高まります。
冷え性や足のむくみ、頭痛などに効果的とされています。

誰でも利用してもOKなので、外湯巡りと一緒に足湯めぐりもいいかもしれませんね。

温泉卵



出典:instagram/skiborgramさん

温泉卵とは、卵白と卵黄の熱凝固する温度差を利用して作られる卵黄よりも卵白が柔らかい状態の卵。
いわゆる半熟卵とは逆の食感が楽しめます。

外湯では、上寺湯・熊の手洗湯・松葉の湯・十王堂の湯で温泉卵を作ることができます。
たまごは、近くの温泉街の商店などで購入可能。
作り方や時間などは現場の表示を参考するとよいですが、温泉に入る前に準備しておくとお湯を上がったころにちょうど食べごろが出来上がりますよ。

麻釜(おがま)



出典:instagram/k_y_1110さん

野沢温泉のシンボルとも言われる「麻釜(おがま)」。
30余りの源泉の中のひとつで、100度に近い湯を湧出し続けています。

かつて、村人たちが麻をこの湯だまりにひたして、皮をむいたことからこの名が付いたのだとか。
現在でも、あけびづるや山菜、野沢菜、温泉卵などを村民が茹でる光景を見ることができます。
「野沢温泉の台所」と称されることも。

おおきな釜の湯だまりから、大量の湯気が立ち上る様は、なかなかお目にかけることが出来ません。
ちなみに、麻釜の内部は地元住民しか立ち入ることができませんので、ご注意ください。


3,「野沢温泉」の源泉の泉質紹介



泉質:
・単純硫黄泉/大湯、真湯
・含石膏-食塩・硫黄泉/河原湯、上寺湯、熊の手洗湯、松葉の湯、中尾の湯、滝の湯、横落の湯、十王堂の湯
・含芒硝-石膏・硫黄泉/秋葉の湯、麻釜の湯、新田の湯

源泉温度:40~90℃

効能:
・大湯・十王堂の湯/胃腸病、リウマチ、婦人病、中風 
・河原湯/皮膚病
・秋葉の湯・麻釜の湯・松葉の湯・新田の湯・横落の湯/痔核、糖尿病・リウマチ、中風、神経痛 
・上寺湯/切傷、火傷、おでき、痔核、糖尿病
・熊の手洗湯/火傷、切傷
・中尾の湯/皮膚病、リュウマチ、婦人病、鉛、水銀中毒 
・真湯/痔疾など
・滝の湯/重病後の回復期などに効果的


4,「野沢温泉」の基本情報


@everydayhanakoが投稿した写真 -


出典:instagram/everydayhanakoさん

名前:野沢温泉
英語表記:NOZAWA ONSEN
郵便番号:389-2502
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷

外湯の営業時間:

4月~11月/5:00~23:00
12月~3月/6:00~23:00

入浴料:

外湯の入り口にある賽銭箱にお気持ちを・・・

施設備付の備品:なし

駐車場:

各外湯には駐車場は無し
中尾駐車場・横落駐車場ともに無料開放中
新田立体駐車場は1時間につき100円
12時間を超える時間は2時間につき100円
 
公式サイト:野沢温泉観光協会サイト/http://nozawakanko.jp/


5,参考チェック!「野沢温泉」の口コミ情報


それでは、野沢温泉へ訪れた観光客たちの実際の声を見てみましょう。



















皆さん、外湯巡りを堪能されている様子ですね。
朝市などもあるようで、温泉以外にも楽しめるものが充実していそうです。
冬はスキーやスノーボードのシーズンなので、外湯の混雑度も高まるようです。

また、やはり観光で来た人々にとっては、野沢温泉の外湯のいくつかは熱すぎるレベルかもしれません。
地元の方々はさらりと入られるようですが。


6,長野県「野沢温泉」までのアクセス情報




郵便番号:389-2502
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷

(電車・バス)


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

・東京方面
約2時間25分
JR東京駅から北陸新幹線で長野駅を経て、飯山駅下車 直通バス「野沢温泉ライナー」で25分

・大阪方面
約4時間10分
JR大阪駅からJR湖西線・北陸線で富山駅を経て、北陸新幹線で飯山駅下車 直通バス「野沢温泉ライナー」で25分


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

(車)


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

・東京方面
約3時間20分
練馬ICから関越道で塩沢石打ICへ 国道353、117号線で野沢温泉方面

・大阪方面
約6時間
吹田ICから米原JCTへ 名神高速で小牧JCTへ 岡谷JCT、更埴JCTを経て豊田飯山ICへ 国道117号線で野沢温泉方面


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

駐車場は中尾駐車場、横落駐車場が無料開放中。
新田立体駐車場は1時間につき100円。
12時間を超える時間は2時間につき100円。


出典:野沢温泉観光協会公式サイト/http://www.nozawakanko.jp/

野沢温泉までの詳しい交通情報はこちらをご覧下さい。

7,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


miyuさん(@annne114)が投稿した写真 -


出典:instagram/annne114さん

長野のお土産は何?と聞かれて思い浮かぶのはやはり「野沢菜」ではないでしょうか?
ポリポリと音を立てていただく野沢菜は白いご飯によく合いますよね。
この野沢菜と関西にはじつは深~いつながりがあったんです。

今から250年ほど前に野沢温泉村健命寺の住職が京都遊学の時に天王寺蕪の種を持ち帰ったことが始まりだそうなんです。
姿形がまるで違ったものですが実は同じ種から育てられて野菜だったんです。

標高600Mのという高冷地での栽培は厳しい環境のために少々形を変えて育ったようです。
そんな言われを知っていただく野沢菜もまた違った味になるかもしれませんね。

この記事に関するキーワード
温泉 源泉掛け流し リラクゼーション

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ