スパ銭&温泉お役立ち情報
東北エリア
岩手県

「見て・味わって・香って・聞いて、そして感じて」五感で楽しむ!エメラルドグリーンのお湯の美しさで人気の岩手の国見温泉「石塚旅館」の魅力を大公開!

岩手 国見温泉の石塚旅館の露天風呂
温泉と聞けば乳白色のお湯で露天風呂でのんびりと・・・贅沢な湯のイメージに乳白色の湯がありますが、温泉には乳白色以外にも青色や赤色そして黒色まであるんです。色とりどりの温泉に大自然が生み出す力に驚かされるばかりです。

そんな中、今回ご紹介する温泉は緑色、いや時に輝くような「エメラルドグリーン」色をした特徴的な温泉の紹介です。
エメラルドグリーンのお湯は全国的にも珍しいお湯でもあるんです。

そんな美しいお湯を体験できるのは、岩手県と秋田県の境目にある秋田駒ケ岳の麓で十和田八幡平国立公園内にある「国見温泉」です。

「国見温泉」は、3件の宿からなる温泉地で、そのちょうど真ん中にあるのが、今回ご紹介する「石塚旅館」です。
日本秘湯を守る会にも所属されている温泉宿でもあり、温泉マニアにも人気がある温泉旅館なんですよ。

国見温泉は元禄時代より南部藩の湯治場として栄えていた温泉です。山深い所にあるために「5月~11月」と期間限定でしか入る事が出来ない温泉ですが、今も自炊部がある石塚旅館には足しげく通う湯治客がおられるほどの人気の宿でもあるんです。

今回は、そんな歴史あって、「エメラルドグリーン」に輝く美しい名湯をご紹介したいと思います。


岩手の国見温泉「石塚旅館」の記事のご紹介 - 目次 -



1,五感で楽しめる!「エメラルドグリーン」に輝く名湯「国見温泉」の正体に迫る!
2,「国見温泉石塚旅館」の源泉の泉質紹介
3,岩手「国見温泉石塚旅館」の基本情報
4,「国見温泉石塚旅館」の口コミ情報
5,「国見温泉石塚旅館」までのアクセス情報
6,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1,五感で楽しめる!「エメラルドグリーン」に輝く名湯「国見温泉」の正体に迫る!




出典:instagram/yuma.loearthsさん

「緑色」、時に「エメラルドグリーン」のように輝く「国見温泉」のお湯の秘密は、温泉に含まれているイオン成分や炭酸カルシウムなどが太陽の光などによって散乱し緑色になるというのです。
そのため季節や雨天などによっても微妙にその色が変化すると言われています。

それにしても、まるで温泉の入浴剤を入れたかのような綺麗な色ですよね。

岩手 国見温泉の石塚旅館の露天風呂
出典:「国見温泉石塚旅館」公式サイト/http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/

こんな薄いブルーの時もあります。

また湯花も豊富に出るために「浴槽の下には何があるの?」と思わせるほどに湯花でいっぱいになっています。
温泉以上に湯花に効果があるとも言われていて売店でこの湯花を購入することも出来ます。

またお湯は飲泉もでき胃腸病に効果があるとのことですが、、、

「一口飲んでみて吐き出してしまうほどの苦さ!」

「そんな大げさな、、そんなはずがない!」と思う方は、是非とも味わってみていただきたい。
その後に「ほんまや!」と声に出していってしまうはずです。


出典:instagram/koujioshimaさん

Takumiさん(@fjntq_3)が投稿した写真 -


出典:instagram/fjntq_3さん

建物から少し離れたところには露天風呂がありこちらは混浴になっています。昼間の露天風呂には少し抵抗がある方は夜に入るのがおすすめです。裸電球の元でシーンと響き渡るような静けさの中で入る温泉もいつもの温泉と違ってまたいいものです。旅の醍醐味を味わえそうです。

Yuka Sanoさん(@yuka_s_)が投稿した写真 -


出典:instagram/yuka_s_さん

混浴の露天風呂がどうしても苦手な方は、女性専用の露天風呂もあります。
規模は混浴に比べると小さいですが、秘湯感たっぷりの雰囲気は体験することはできます。
もちろん、お湯の成分は同じです。

更に、国見温泉の緑色をした「エメラルドグリーン」にも輝く源泉は、こんな特徴もあるんですよ!

岩手 国見温泉の露天風呂のエメラルドグリーン
出典:「国見温泉石塚旅館」公式サイト/http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/

「湯船にタオルをつけていると黒くなる!」

鉄分の多い温泉に入った後に入浴すると成分が化学反応を起こして肌やタオルがが黒くなるために、近場の温泉をいろいろ入った後にこの湯に浸かったらいつの間にか肌が黒くなっていたなんてことも。

岩手 国見温泉の泉質の特徴
出典:「国見温泉石塚旅館」公式サイト/http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/

「しばらくの間、誰も入浴しない時間が続くと湯船に膜が出現する!?」

国見温泉石塚旅館の露天風呂や内風呂の全てのお風呂において、一定の時間、誰も入浴しない時間が続くと温泉成分の膜が発生するんです。その膜を切り分けて入るのも滅多に体験できない貴重な体験です。

このように、「国見温泉石塚旅館」では、名湯と言われている温泉を「見て・味わって・香って・聞いて、そして感じて」と「五感」で楽しむことができるのが魅力的なところです!

温泉マニアの中でもとても人気の高い名湯ですので、要チェックですね!


2,「国見温泉石塚旅館」の源泉の泉質紹介




出典:instagram/saka_thanさん

泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
源泉温度:50℃
湧出量:200L
効能:

慢性消火器病、糖尿病、肝臓病、慢性婦人病、神経痛、リューマチ、打撲、痔など

お湯の特徴は、炭酸水素塩泉の成分が濃厚な温泉です。
あまり一度に長湯せずに20〜30分ごとに休憩を挟んで入浴をしましょう。


3,岩手「国見温泉石塚旅館」の基本情報



Yurieさん(@k.lily.e)が投稿した写真 -


出典:instagram/k.lily.eさん

名前:国見温泉石塚旅館
英語表記:KUNIMIONSEN ISIZUKARYOKAN
郵便番号:020-0582
住所:岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉
電話番号:090-3362-9139
定休日:冬季休業(11月11日~5月初旬)
営業時間:10:00~16:00

日帰り温泉の入浴料:

※2016年8月時点での情報

・大人/500円
・小人(小学生以下)/250円

お風呂情報:

・混浴露天風呂
・女性専用露天風呂
・内風呂(男女別)

施設に備え付けてある備品:

・シャンプー
・リンス
・ボディーソープ
など

駐車場:駐車場あり60台

公式サイト:http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/

その他、お役立ち情報:

・混浴露天風呂はバスタオルOKです。
・ペット可。
・冬季のご連絡先/11月11日~5月初旬

※国見温泉石塚旅館冬季事務所
郵便番号/020-0530
住所/岩手郡雫石町上町南16
電話番号/019-692-3355

●国見温泉石塚旅館の宿泊情報

・1泊2食付御一人様:8,500円~(トイレなし/繁忙期は休止)
・1泊2食付御一人様:10,000円~(トイレ付き)
・自炊1泊御一人様:2,600円 (食材や調理器具など、全てご自身での準備が必要)

※1人あたりの最低料金目安

チェックイン/15:00
チェックアウト/10:00

※季節やプランにより宿泊料は異なります。
※予約が必要です。
※予約については、電話でお問い合わせ下さい。


4,「国見温泉石塚旅館」の口コミ情報



ここでは、全国でも珍しい緑色のお湯が体験できる名湯「国見温泉石塚旅館」の口コミについてご紹介します。

江戸時代末期歴に開湯され、約200年の歴史ある「国見温泉石塚旅館」は、冬季は雪のため休業(11月11日~5月初旬)で夏の期間しか美しい緑色のお湯を堪能することができません。そんな貴重な国見温泉の中でも人気の高い「石塚旅館」に実際に訪れた人たちの口コミ情報です。














口コミを見る限りでは、自慢の緑色のお湯は入浴するのもためらうほど綺麗なようですね。
こんなに美しい色をした温泉は全国どこを探してもほとんどないでしょう。

ただ、この緑色のお湯は見た目の美しさとは別に独特のニオイがするようですね。
油臭のようなニオイのようなので、石油系や油のニオイが苦手な人にはキツイかもしれません。

温泉マニアには特に人気のようですので、温泉好きの方は一度チェックしてみてくださいね!


5,「国見温泉石塚旅館」までのアクセス情報





郵便番号:020-0582
住所:岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉
電話番号:090-3362-9139
定休日:冬季休業(11月11日~5月初旬)
営業時間:10:00~16:00

(電車・バス)
・JR田沢湖線「雫石」駅または、「田沢湖」駅で下車、そこからタクシーに乗って約30分。

(車)
・東北自動車道「盛岡IC」で降りて、国道46号経由で約50分で国見温泉。

ストリートビューで見る「国見温泉石塚旅館」の周辺





Googleストリートビューで「国見温泉石塚旅館」の様子や周辺の景色などをご覧いただけます。


6,ゆ〜ナビニュース編集部コメント



JUNさん(@jj_outdoor)が投稿した写真 -


出典:instagram/jj_outdoorさん

国見温泉は標高の高さなど関係しているせいか晴れの日が少なく曇りや霧がかかている日が多いそうです。霧の中で入る露天風呂もまた幻想的でいいものかもしれません。一度は体験してみたいですね。

湯治場と聞くと古びた温泉宿を想像させられますが、「国見温泉石塚旅館」は浴室も大きくきれいに改装されていてとても入りやすい温泉です。また、エメラルドグリーンに輝く温泉は見た目ばかりでなく味やニオイも独特なために、「見て、味わって、臭って、触れて」と五感をフルに感じることが出来る温泉でもあります。

山深い温泉では緑がとても綺麗で空気も美味しい。そして水もとても美味しいんです。山から溶け出したミネラルが豊富に含まれているからかもしれません。温泉に出かけた時には水道の蛇口をひねって一杯のお水を飲んでいただきたい。

冷たく美味しいお水に生き返る思いにさせられます。


この記事に関するキーワード
泉質 露天風呂 お風呂 源泉掛け流し 温泉 日帰り温泉 秘湯

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ