スパ銭&温泉お役立ち情報
九州エリア
大分県

旅行者も知らない入浴料100円の共同温泉「錦栄温泉」!別府では銭湯が温泉なんです!

別府温泉の錦栄温泉
突然ですが、「共同温泉」とはご存知でしょうか?

筆者である私は、別府温泉へ旅行に来るようになるまで、「共同温泉」と言う言葉を知りませんでした。元々、共同浴場と言えば、「銭湯」と認識していました。

いや、別府でも、銭湯は銭湯なんです。

でも、その銭湯が温泉なんて、うらやましいと思いませんか?

今回は、別府温泉内にある別府版銭湯とも言うべき、共同温泉の一つ「錦栄温泉」の魅力を、たっぷりと紹介していきたいと思います。

普通の温泉の常識は、通用しない?
共同温泉のコンシェルジュとは?
はたまた、共同温泉ならではの特権とは?

これを読めば、あなたは、温泉大国・別府の底力に驚いてしまうかもしれませんよ。


出典:instagram/matakichi1216さん


別府温泉「錦栄温泉」の記事のご紹介 - 目次 -



1,最初の驚き!えっ?別府の公民館が「温泉」なの?
2,「錦栄温泉」の温泉コンシェルジュとは?
3,「錦栄温泉」の魅力!セルフ温度調整とは?
4,共同温泉「錦栄温泉」の歴史
5,「錦栄温泉」成分分析書の謎
6,「錦栄温泉」泉質紹介
7,「錦栄温泉」の口コミ・評判情報
8,「錦栄温泉」基本情報
9,別府温泉「錦栄温泉」までのアクセス
10,ゆ~なびニュース編集部コメント
11,別府温泉のその他の共同温泉のご紹介


1,最初の驚き!えっ?別府の公民館が「温泉」なの?



いきなりですが、「公民館」って、知ってますか?

町内に一つはある、市民の集会施設とでもいいましょうか?小さなイベント会場とでも、言いましょうか?私がかつて住んでいた街にも、消防署の二階にあったりもしましたが、要するに、そんな場所です。


▶参考:ウィキペディアより引用

公民館(こうみんかん)とは、住民のために、実際生活に即する教育・学術・文化に関する各種の事業を行う教育機関のことである。
公民館は、市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育、学術および文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする(社会教育法第20条)。


公民館なんて「温泉」とは、あんまり馴染みがないように思えますよね。

そこは、温泉大国「別府」です。そうなんです、なんと、「公民館」に、温泉があるんです。笑

しかも、ほとんどが、源泉かけ流し

そして、この「錦栄温泉」、入浴料が「100円」!

100円で入浴出来るなんて、にわかには信じられませんでした。

そう言えば、「公民館」て、町内ごとにありますよね。いくら別府でも、町内ごとに温泉なんて・・・いや、あるんです!笑

合併した旧町名が、一つの町名になってて、同じ区域に二つある!なんて事も・・・。もちろん、温泉がない公民館もあります。いきなり、何丁目公民館と言うより、温泉名で言ってくれ!なんて人もいるくらいです。笑

「錦栄温泉」は、そんな公民館の1階にある、共同温泉なんですよ。

いろいろ、公民館について語るより、まずは「錦栄温泉」について、紹介していきたいと思います。

そう言えば、最近、コンシェルジュって言葉、よく聞きませんか?


2,「錦栄温泉」の温泉コンシェルジュとは?



「コンシェルジュ」って何ですか?

一般に、ホテル等で、施設案内をしてくれる人を指すらしいです。
だったら、「温泉コンシェルジュ」って言ったら、温泉を案内してくれる人?

まあ、そうなんですが・・・。

例えばです。あなたが、何も知らず、「錦栄温泉」に入ったとします。

まず登場する、一人目のコンシェルジュが番台の人です。

料金を料金箱に入れる。「別府八湯温泉道」をやっているなら、スタンプがある場所を教えてくれます。

いないときもありますが、料金箱もスタンプも置いてありますので、その時は、セルフでお願いいたします。笑

次に、靴を脱ぎ、扉を開けると、脱衣所があります。
ここで、一つ大切な事があります。

誰かがいましたら、必ず、大きな声で挨拶してください。

別府の共同温泉には、ご近所の方々が、普通に利用しています。ご近所の方々は、「錦栄温泉」について、当たり前のようになんでも知っている、コンシェルジュなのです。

「錦栄温泉」の脱衣所には、昭和の雰囲気がいっぱいです。少しくたびれた長椅子。高い位置にある扇風機。

何より驚くのは、脱衣所と湯舟の間に、扉がないことです。
「浴槽一体型」と呼ばれる、このタイプは、別府共同温泉では、意外とメジャーなんですよ。

湯舟での作法は、周囲の人が、どのようにやっているか、よく見てください。人によっては、教えてくれる方もいます。

私は、以前、小さな手桶で温泉巡りをしていた事があります。

「ここに洗面器あるよ!」

と、洗面器の置いてある場所を教えてくださいました。

また、別の日に訪問した時は、かなり元気なおばちゃんが・・・。

「いいね?温泉に入る前にはね、しっかりかけ湯しなきゃいかんのよ!見なさい!私なんて、こんなにかけよるよ!」と、実演してくださいました。笑

暑い時期、タオルを濡らして、湯舟近くで体を拭いていると。

「あら?石鹸持ってないいんね?貸してあげようか?」

小さいボディソープを持って行ってたのですが、石鹸を持っていないと思われたようです。

このように、「錦栄温泉」に限らず、別府の共同温泉には、訪問者を温かく迎えてくれる、最強のコンシェルジュ達がいるのです。


「あ、でも、私、共同温泉のマナー知ってるから、どちらかと言うと、独泉で楽しみたいかも。」

次は、そんな人必見の楽しみ方をお教えしましょう。


3,「錦栄温泉」の魅力!セルフ温度調整とは?




出典:instagram/ueppykouseniさん

「錦栄温泉」で、一番びっくりするのが、100円で入浴できるのに、湯舟がかなり広いと言う事です。

どこか懐かしい雰囲気をかもしだす湯舟は、少々の来客にも対応できそうです。

そう言えば、温泉地ホテルや旅館に行った時、適温なのは適温ですが、何か物足りない温度の時ってありませんか?

内線電話等で、調整してくれるケースもありますが、ちょうど良くなった頃に、そろそろ出ましょうかなんて事もあります。ホテル等では、しっかり温度管理されているのでしかたありませんが、共同温泉では、自分で温度調整できるというメリットがあるんです。

「錦栄温泉」の場合、木の栓をさしてある場所があり、その栓を引き抜くと、熱い温泉が湯舟へと注がれます。

ちょうど、湯舟の真ん中辺りから出てくるので、「そこ熱いよ!」と、コンシェルジュから注意がくることもあります。

水も、自分で出したり止めたり出来ますが、地下水を使っているため、時期によっては、少しぬるめの水だったりします。

「温泉と地下水を使い、自分好みの温泉にすることができる。」

共同温泉ならではの魅力だと思いますよ。

コンシェルジュとも言うべき、ご近所の方々だけでなく、旅行者や、温泉巡りをしている方々が来ることもありますので、誰かがいる時は・・・。

「お湯入れてもいいですか?」
「水を入れてもいいですか?」

等の声かけをする心配りが、あるといいかもしれませんね。


懐かしい雰囲気って、なんとなく昭和の時代を思い出しませんか?
そう言えば、「錦栄温泉」って、昭和感がたっぷりですが、どんな歴史があるんでしょうか?


4,共同温泉「錦栄温泉」の歴史



突然ですが、前途で一度ご紹介した「別府八湯温泉道」って知ってます?

こちらも別府共同温泉の「竹瓦温泉」の時に、そういうスタンプラリーがあると、紹介させていただいたかと思います。

▶参考:「別府八湯温泉道」についてはこちらをご覧ください。


ここ「錦栄温泉」も、対象施設の一つで、スタンプがあります。

そのスタンプには、なぜか、防具を着けて剣道をしている姿が記載されているのです。聞いた話によると、以前、「錦栄温泉」の正面には、柔剣道場があり、稽古の後、この「錦栄温泉」の温泉に入って帰っていたそうです。

歴史を紐解いてみますと、元々は「錦温泉」と言う名前だったらしいのですが、市区改正で此花・栄・錦が一つの町になってしまったため、この温泉を利用している、栄町・錦町の旧丁目を生かして、「錦栄温泉」になったそうです。

昭和39年8月8日に完成。

今では古めかしくなっていますが、湯舟につかりながら、その当時の状況を思い浮べるのもいいかもしれませんね。

古い建物や骨董品を見ていると、よく分らない雰囲気を感じる事ありませんか?

古い物って言うのは、それだけで、いろんな謎を与えてくれます。
次は、「錦栄温泉」の謎についてです。


5,「錦栄温泉」成分分析書の謎



前途でご紹介したとおり、「別府八湯温泉道」のスタンプの絵が、なぜ剣道をしている人なのか?

●柔剣道場が正面にあったから。
●剣道の掛け声「きえ~!」が「きんえい」に聞こえるから。

なんて、嘘か本当か分からない噂もありますが。。

こんな風に「錦栄温泉」には、いくつかの謎があります。

その中でも温泉好きならばおさえておきたい「謎」をピックアップしておきます。

現在の「錦栄温泉」は、別府、浜脇エリアではメジャーな、雲泉寺泉源という場所から、引き湯しています。それに、地下水が加わる事により、独特の泉質になっているのですが・・・。いくつかの「成分分析書」があるのです。

そもそも、成分分析書は、10年に1回更新の義務があります。

一番新しいものが、一番正確な情報なのですが、周囲を歩いてみると、「錦栄温泉」のものと思われる温泉タンクが、2つあるのです。

これが「謎」です。

普通は、1つの源泉を、1つの温泉タンクに入れていますが、もしかすると、もう一つの源泉があるんじゃないか?

なんて、ふと思ってしまいます。

個人の家にまで、温泉があるような街「別府」です。共同温泉が、2つの温泉をブレンドしていても、全く不思議ではありませんが・・・。

温泉人としては、泉質が気になって、仕方ありません。笑


6,「錦栄温泉」泉質紹介



それでは、ここでは謎多き「錦栄温泉」の源泉の泉質をご紹介いたします。

●泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
●泉温:65℃(気温11.8℃)
●湧出量:測定せず
●ph値:8
●適応症:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・健康増進など

▶参考資料:「別府八湯温泉道 名人会」の公式ホームページより/http://beppu88.com/5_data/data_3.html


7,「錦栄温泉」の口コミ・評判情報



それでは、旅行者にもほとんど知られていない入浴料100円の共同温泉「錦栄温泉」ですが、県外などから実際に訪れて体験された方の口コミなどはあるのでしょうか?

ここでは実際に「錦栄温泉」に行かれた人たちの感想や口コミもご紹介しておきたいと思います。

地元や近所の人など常連が多く、ご紹介したとおり、観光客にはほとんど知られていませんので、口コミや評判も少しかありません。
実際に行かれた貴重な声を参考にしてみて下さい。













100円で入浴できるのはやはり魅力ですね。

しかも別府の良質な温泉がこんな低料金で体験できるのは湯巡りしやすくて助かります。本記事でご紹介してきたとおり、常連の方も気さくでお話しやすそうですし、県外からきても利用しやすそうです。

別府の湯巡りをする際は、ぜひ、立ち寄りの湯のひとつの候補にいれてみてください。


8,「錦栄温泉」基本情報



名前:錦栄温泉(きんえいおんせん)
住所:大分県別府市光町20-2
電話番号:不明
休館日:第1・2・3木曜日が休館日
営業時間:

・6:30~10:00(朝風呂)
・15:00~22:30

入浴料:※2017年11月現在

100円

公式サイト:なし
駐車場:なし

お役立ち情報:

・流川通りが近いので、流川通りを散策するのも楽しいかもしれません。
・流川通りは、昭和の造りを残した建物があったり、「湯~園地」で有名になったラクテンチに続いていたりしますので、いろいろな発見がありますよ。

▼YouTubeでも「錦栄温泉」について解説されていますので、ご覧ください。




9,別府温泉「錦栄温泉」までのアクセス情報





住所:大分県別府市光町20-2
電話番号:不明
休館日:第1・2・3木曜日が休館日
営業時間:

・6:30~10:00(朝風呂)
・15:00~22:30

交通アクセス情報



バス利用の場合:

・「亀の井バス」別府駅西口より10番のバスに乗車で「流川8丁目」で下車、そこから徒歩約10分で到着。

・「亀の井バス」別府駅前より「15・16・16A・17・19番」のいずれかのバスに乗車し、「流川8丁目下車」で下車。徒歩約10分で到着。


10,ゆ~なびニュース編集部コメント



筆者である私が別府に初めて一人旅で来た時、共同温泉の事を全く知りませんでした。

「別府八湯温泉道」を始めるようになって、共同温泉に行く事も増えました。「錦栄温泉」も、そんな共同温泉の一つです。初めて行こうと思った日、場所が分からず、洗面器を持った人の後をつけて歩いたのも、今ではいい思い出です。

たったの100円で、大きな湯舟に入浴できた感動は、今でも忘れません。

別府八湯温泉道パスポートでは、1巡が「88湯」あるのですが、「88湯」のうちに、必ず行きたい共同温泉の一つになっています。

現在、別府の共同温泉は、経営が赤字続きの場所も多く、つぶれてしまう共同温泉もあります。地域の皆様の努力で、なんとかやりくりしている共同温泉がほとんどです。

共同温泉は、別府の文化。

ぜひとも、別府に起こしの際は、ホテルや旅館だけではなく、共同温泉も巡ってみてください。そこにはきっと、今の私たちが忘れてしまった何かが、いまも大切に残されている事でしょう。

あなたが体験する、人と人とのふれあいは、すばらしい旅行の思い出になりますよ。


11,別府八湯温泉道のその他の共同温泉のご紹介



前途の別府八湯温泉道は「約140湯」もの温泉施設があります。その中でも、「ここはぜひ旅行者にも訪れていただきたい共同温泉」という施設を今回ご紹介した「錦栄温泉」以外にもピックアップしておきますので、ぜひ、参考にご覧ください。

別府で温泉めぐりする際は、事前に情報収集して、効率よくまわってくださいね。

別府共同温泉のシンボルといえば「竹瓦温泉」



記事作成日:2017年11月14日
  • この記事に関するキーワード
    銭湯 日帰り温泉 温泉 お風呂 源泉掛け流し

    同じカテゴリの最新記事はこちら

     条件検索

     人気の記事

    No.1
    No.2
    No.3
    No.4
    No.5
    No.6
    No.7
    No.8
    No.9
    No.10

     カテゴリ