スパ銭&温泉お役立ち情報
関西エリア
和歌山県

関西最強の温泉!含有成分たっぷりの高濃度炭酸泉「花山温泉 薬師の湯」は低温と加温の交互入浴で血行促進

和歌山県和歌山市、阪和自動車道の大阪との県境から数km南、和歌山ICより5分のところに、「関西最強の温泉」として知られる温泉があります。
紀州和歌山には数多くの温泉スポットがありますが、中でも「泉質が素晴らしい!」と高い評価を受けているのが、こちらの「花山温泉 薬師の湯」。

温泉成分がとにかく豊富な含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム・塩化物・炭酸水素塩泉で、なおかつ高濃度の炭酸泉。

地下500mから炭酸ガスの圧力のみで自噴する天然温泉です。
シュワシュワの炭酸をしっかり感じられる強いお湯が特徴。

テレビ番組でも何度も取り上げらている人気の温泉で、宿泊でも日帰り入浴でも利用可能。
関西のみならず、全国から温泉好きが集まる人気温泉施設となっています。

今回は、そんな「花山温泉 薬師の湯」の泉質やアクセス、口コミ情報についてご紹介します!


出典:instagram/kinghasekazuさん


「花山温泉 薬師の湯」のご紹介 - 目次 -



1,関西最強の温泉「花山温泉 薬師の湯」はとにかく成分が「濃い」!
2,温泉のあとは個室で休憩も可!食事処もあります!
3,「花山温泉 薬師の湯」の源泉の泉質紹介
4,「花山温泉 薬師の湯」の基本情報
5,「花山温泉 薬師の湯」の口コミ・評判について
6,和歌山「花山温泉 薬師の湯」までのアクセス情報
7,ゆ~ナビニュース編集部コメント


1,関西最強の温泉「花山温泉 薬師の湯」はとにかく「濃い」!



「花山温泉 薬師の湯」のお湯は、湧出時は無色透明。
ですが、空気に触れることで鉄分が酸化して湯船のお湯は茶褐色になっています。

カルシウムを豊富に含んでいるため、水面には湯の花が見られ、しばらく放置しておくと水面にカルシウムの膜が張ります。
これだけ高濃度の温泉は、全国的にもあまり見られませんよね。

湯船や湯口は元の形が分からなくなるほど、温泉成分がゴテゴテに堆積しています。


出典:instagram/mitsuwosanさん


出典:instagram/megane_no_tsujinoさん

泉質は含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム・塩化物・炭酸水素塩泉。
色々な種類の温泉成分を含んでいます。

公式サイトでも「驚きの含有成分量」と謳うほどですから、その泉質の濃さが伺えますね。

また、このお湯は高濃度の炭酸泉でもあります。
湯口から温泉を手に取るとシュワシュワを感じられるほど。

お風呂は源泉かけ流しの低温風呂と、加温されたお風呂があります。
この2種類のお風呂を交互に入るのが「花山温泉 薬師の湯」独自の入浴スタイル。

加温風呂10分、低温風呂3分、加温風呂10分、低温風呂5分、、、と加温風呂を長めに、低温風呂は冷たいので少し短めに入るというのが一般的なようですね。

ちなみにこの温泉、あまりに濃いのでそのままの飲泉はおすすめできません。。。
口に含むと、苦くてしょっぱくて鉄っぽくて、とにかくエグいです。

とうてい飲めるレベルではないので、飲泉は館内にある飲泉所で、併設されているサーバーの冷水で薄めて飲みましょう。

こちらが花山温泉の源泉情報。


出典:instagram/structure2106さん


2,温泉のあとは個室で休憩も可!食事処もあります!



ここ「花山温泉 薬師の湯」では、日帰り入浴のあと食事や休憩も可能です。
ランチはお食事処「なごみ亭」で11:00から15:00まで営業。

季節御前やステーキ御前、釜めしなど美味しそうなメニューが豊富に揃っていますよ。


出典:instagram/ccwonlineさん


出典:instagram/yamami13さん

meeさん(@meru_mof)がシェアした投稿 -


出典:instagram/meru_mofさん

カレーやおでん、うな丼などもありました。

また、有料になりますが休憩用の個室を借りることもできます。
入浴、食事、休憩がセットになった日帰り会席プランは5,400円。

大広間もあるので、宴会や忘年会などの利用も受け付けているようです。


出典:instagram/kii_grilaさん

宿泊も可能。
素泊まりや朝食付き、朝食夕食付きなど、色々あって、食事のプランも海鮮や熊野牛ステーキ、クエ鍋など豊富に用意されています。

料金は素泊まりが6,480 円~、朝食付きが8,100 円~となっています。

せっかく「関西最強の温泉」に来たのなら、時間を気にせず高濃度の温泉に何度も入ってリラックスするのも良いかもしれませんね。


3,「花山温泉 薬師の湯」の源泉の泉質紹介



源泉名:花山温泉
泉質:含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム・塩化物・炭酸水素塩泉
源泉温度:25.5度
PH値:6.4
湧出量:124L/m

効能:

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚炎、虚弱児童、慢性婦人病、不眠病、高血圧病、動脈硬化病、月経障害


4,「花山温泉 薬師の湯」の基本情報




出典:instagram/rokuchanfleurchanさん

名前:花山温泉 薬師の湯
英語表記:HANAYAMA ONSEN YAKUSHINOYU
郵便番号:640-8303
住所:和歌山県和歌山市鳴神574
電話番号:073-471-3277
定休日:毎週木曜日(祝日は営業)
日帰り入浴 営業時間:8:00~23:00(最終受付22:30)

入浴料金:

通常
大人/1,100円
小人/550円

割引時間(17時以降)
大人/850円
小人/420円

手ぶらセット(バスタオル+フェイスタオル)/380円

お風呂の種類:

・低温風呂
・加温風呂

施設内の備品:

・ボディソープ
・シャンプー
・化粧水

駐車場:無料駐車場あり60台

公式サイト:https://www.hanayamaonsen.com

お役立ち情報:

・毎月第4日曜日は小学生・幼児入湯料金無料です。


5,「花山温泉 薬師の湯」の口コミ・評判について



堆積物で浴槽の原型が分からなくなるほどに含有成分の濃い「花山温泉 薬師の湯」ですが、その入り心地はいかがなものなのでしょうか?
実際に訪れたことのある方々の口コミ・評判について見てみましょう。



















やはり関西最強の呼び名は伊達じゃないようですね。。。
多くの方が花山温泉の良さを認めていて、県外からのお客も多いようでした。

テレビで紹介されることが多いのも人気の理由のひとつかもしれませんね。


6,和歌山「花山温泉 薬師の湯」までのアクセス情報





郵便番号:640-8303
住所:和歌山県和歌山市鳴神574
電話番号:073-471-3277

(車)
阪和自動車道「和歌山IC」和歌山市方面出口から2km(約5分)

(電車)
JR阪和線「和歌山駅」下車、タクシーで約10分


7,ゆ~ナビニュース編集部コメント



泉質に定評のある温泉というのは、たいてい「山奥」ってイメージで、電車はもちろん車でのアクセスも中々ハードだったりすることが多いのですが、ここ「花山温泉 薬師の湯」は車でも電車でも行きやすい場所にあるのが嬉しいですねー。

これだけ濃い温泉なら、さぞ飲泉は苦労することでしょう。。。
行かれる予定のある方は是非一度チャレンジしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード
源泉掛け流し 炭酸泉 温泉 日帰り温泉

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ