スパ銭&温泉お役立ち情報
東北エリア
青森県

海と一体型の露天風呂はまさに絶景!日本海に沈む夕暮れを眺めながら入浴を楽しめる青森「黄金崎不老ふ死温泉」をご紹介。

黄金崎不老ふ死温泉の露天風呂からの夕暮れ
出典:facebook(黄金崎不老ふ死温泉ページより)/https://goo.gl/GN08qp

3日入れば不死身の体を手に入れられる。
まことしやかに囁かれるそんな噂の温泉をあなたはご存知ですか?

「黄金崎不老ふ死温泉」は青森県の津軽国定公園舮作海岸にある一軒宿の温泉です。日本海を目の前にして、海からの波や風を受け黄金色に輝く温泉に一度入れば不死身の体を手に入れることができそうな、そんな魅力満載の温泉です。

静かに昇るご来光を浴びながら朝一番のお湯で体を癒し、地平線へと沈む太陽のパワーを浴びて1日の疲れを癒すお湯にまた浸かる。そんなことができればそれだけでもうご利益を十分にいただけたはずです。

青森県はなかなか旅行では行く機会が少ない場所ですが、しかしそれでも一度は、この不思議なパワーをぜひとも体感してみていただきたいです。

それでは、「黄金崎不老ふ死温泉」をご紹介していきたいと思います。


青森「黄金崎不老ふ死温泉」記事のご紹介 - 目次 -



1.とにかく絶景!黄金崎不老ふ死温泉の魅力とは?
2,黄金崎不老ふ死温泉の泉質紹介
3,黄金崎不老ふ死温泉の基本情報
4,青森「黄金崎不老ふ死温泉」までのアクセス情報
5,ゆ〜ナビニュース編集部コメント


1.とにかく絶景!黄金崎不老ふ死温泉の魅力とは?



不老ふ死温泉といえば、海岸線沿いにある露天風呂に入っていただきたいです。
(天候などによって入ることができない時もあります。)

一度入る事が出来たならその絶景に心癒されること間違いなしです。海辺は混浴露天風呂になっていますが、女性専用の海沿い露天風呂もありますのでご安心下さい。

それでは、黄金崎不老ふ死温泉の魅力をご紹介していきます。

shinobuさん(@norahco)が投稿した写真 -


出典:instagram/norahcoさん

露天風呂と同じ目線の位置にある海!日本海の絶景しかありません。
温泉につかりながらこれほど贅沢な景色はないでしょう。
海からの波が押し寄せてくるので、高波の時は海沿いの露天風呂は「CLOSE」になるほど海と一体化している露天風呂です。



出典:instagram/dai0210さん

実際に海沿いの露天風呂の全景は写真のような感じです。
これは、混浴のひょうたん型露天風呂です。

海沿いの露天風呂は、混浴と女性専用の二つありますので、混浴が苦手な女性の方は、女性専用の海沿い露天風呂をご利用いただけます。

naofinさん(@naofin)が投稿した写真 -



出典:instagram/naofinさん

こちらが海沿い露天風呂の女性専用です。
女性の方は、こちらをオススメします。

Rioさん(@ryouemura)が投稿した写真 -


出典:instagram/ryouemuraさん

里山さん(@kazukiti45)が投稿した写真 -


出典:instagram/kazukiti45さん

そして、なんといっても「黄金崎不老ふ死温泉」は、この日本海に沈む夕陽の絶景です。
「黄金崎不老ふ死温泉」は夕陽を眺めながら露天風呂につかれる温泉として全国的に有名なんです。

但し、日帰り温泉のお客さんは、海沿いの露天風呂は16時までのご利用なので、宿泊客のみ露天風呂からの夕暮れを楽しむことができます。しかし、内風呂からも夕暮れは見れますので、ご安心下さい。

Ginさん(@showyouzuki)が投稿した写真 -


出典:instagram/showyouzukiさん

内風呂側の方面から海沿いの露天風呂はこんな感じになっています。壁で仕切りがあります。

このように海沿いの露天風呂は写真で見ても本当に絶景ですね。

最後に、宿のお風呂にも機会があれば入ってみて下さい。宿にはパノラマ展望露天風呂がありこちらからも見事な日本海の絶景を眺めることもできます。こちらは意外と空いているのでゆっくり入りたい方にはこちらがお勧めです。その他にも黄金の湯、不老ふ死の湯など宿の内湯も魅力が満載です。


2,黄金崎不老ふ死温泉の泉質紹介



源泉は、地下200mより湧出す良質な天然温泉。泉質は、茶褐色のお湯の色と入浴する際に鉄分のニオイが強いのがわかるほどの「含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉」です。

この温泉のお湯を一口舐めてみると、とても塩っ辛い温泉です。塩化物泉のお湯は日本で一番多く存在する泉質の温泉だそうです。海に囲まれた日本ならではの温泉と言ってもいいのではないでしょうか。 塩化物泉は保温効果が高く体の芯まで温まる温泉と言いますが少々刺激が強いおんせんでもあります。肌の弱い人は最後に上り湯をした方が良いかもしれません。

その他にも「熱の湯」とも呼ばれているほど保温効果があることや、また「傷の湯」とも呼ばれているほどの殺菌効果、更には、保湿効果なども期待できるお湯とのこと。

泉質:含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉
温度:52.2℃
湯量:毎分400リットル
効能:神経痛、腰痛、リュウマチ、創痛、皮膚病などによいとされています。


3,黄金崎不老ふ死温泉の基本情報





出典:instagram/tracks.jpさん

名前:黄金崎不老ふ死温泉
英語表記:KOGANEZAKI FUROUFUSHI ONSEN
郵便番号:038-2327
住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
電話番号:0173-74-3500
休館日:年中無休
※但し、海辺の露天風呂は高波の状況によってはCLOSEになることがあります。

営業時間:

・黄金の湯 ※内風呂
8:00〜20:00 ※最終受付19:30

・海辺の露天風呂
8:00〜16:00 ※最終受付15:30

日帰り入浴料:

・大人/600円
・小人/300円

その他備品:

・レンタル用浴衣/200円
・レンタル用バスタオル)/150円
・販売用ミニタオル/150円
・タオルセット/200円

施設に備え付けてある備品:

・リンス・イン・シャンプー
・ボディ・ソープ
・ドライヤー

駐車場:専用駐車場有り。※無料
公式サイト:http://www.furofushi.com/


4,青森「黄金崎不老ふ死温泉」までのアクセス情報





郵便番号:038-2327
住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
電話番号:0173-74-3500
交通情報:

黄金崎不老ふ死温泉までの交通アクセス
出典:黄金崎不老ふ死温泉公式サイト/http://www.furofushi.com/access

(電車・バス)

JR線東京方面から「新青森」駅・「秋田」駅より、JR五能線にて「ウェスパ椿山」駅に下車。
ウェスパ椿山駅から送迎バス有り。


5,ゆ〜ナビニュース編集部コメント



旅行の目的地としてはあまり目立つことのない青森県ですが、こんなに素敵な絶景温泉があるんです。旅行や温泉などは、しっかりと予定を立てて出かけるタイプの人も、何の予定も立てずに宿も決めずに行きあたりばったりの旅行が好きな方も、日本海の絶景と夕陽の絶景を眺めにガイドブックを片手に「黄金崎不老ふ死温泉」へ出かけてみてください。日本全国を探してもなかなかこのロケーションを見つけることは難しいでしょう。是非、まだ行かれたことのない方は、次の旅の目的地にいかがでしょうか?


この記事に関するキーワード
温泉 日帰り温泉 源泉掛け流し 露天風呂 お風呂 秘湯

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ