スパ銭&温泉お役立ち情報
関西エリア
兵庫県

「金の湯と銀の湯」日本三大名湯のひとつ有馬温泉にある日帰り温泉! 金泉と銀泉の2種類の違う温泉を入り比べてみる。

有馬温泉 金の湯
日本三大名湯といえば群馬県の「草津温泉」、岐阜県の「下呂温泉」そして兵庫県にある「有馬温泉」です。

「有馬温泉」は、全国の温泉ファンをはじめ、神戸市内からも電車や車で30分ほど、大阪市内からでも車で約1時間ほどでアクセス出来ることもあって一年中たくさんの人で賑わっています。

そんな「有馬温泉」にはたくさんの温泉旅館があって、宿泊してゆっくりと温泉を楽しむのもオススメなのですが、今回はもっと手軽に名湯を体験できる場所をご紹介したいと思います。

有馬温泉にある人気日帰り温泉施設「金の湯」「銀の湯」です。

有馬温泉には2種類の有名な源泉が湧き出していて、一つが赤茶色に濁った「金泉」
もう一つは無色透明でサラッとした「銀泉」です。

「金の湯」では「金泉」、「銀の湯」では「銀泉」を使ったお風呂が楽しめるようになっています。
ご存じの方も多いですよね!

二つの源泉は色以外にも泉質も違いますし、効能だって同じではありません。
お風呂の雰囲気もそれぞれ違うのでぜひ両方入って比べてみるのがおすすめです。

こんなに近くで種類の違う温泉を味わえる機会はなかなかありませんよね。
果たしてみなさんの好みはどちらでなのでしょうか?

また、有馬温泉は細い路地があったりレトロなカフェやお土産屋さんがあるなど、温泉街としての雰囲気もとってもいいんです。「金の湯」と「銀の湯」を楽しむ途中に人気の「有馬サイダー」を飲んだり温泉饅頭で小腹をみたしたりしながら「金の湯」と「銀の湯」の温泉巡りを楽しんでみましょう。


出典:instagram/hashimoto_masayuki__yamatoさん

有馬温泉「金の湯」


出典:instagram/ych_ikedaさん

有馬温泉「銀の湯」


有馬温泉「金の湯」と「銀の湯」のご紹介 - 目次 -



1,金色!?お湯の色にビックリする「金の湯」
2,「金の湯」で無料体験できる足湯
3,天然の炭酸泉で冷え性に効果抜群「銀の湯」 
4,日本初のサイダー?!銀の湯に使われている源泉を味わってみよう!
5,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の源泉の泉質紹介
6,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の口コミ評判情報
7,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の基本情報
8,有馬温泉「金の湯と銀の湯」までのアクセス情報
9,ゆ〜ナビニュース編集部コメント
10,有馬温泉以外の日本最大名湯「草津温泉」と「下呂温泉」おすすめ情報
11,その他の温泉街の「外湯めぐり」おすすめ情報


1,金色!?お湯の色にビックリする「金の湯」



まず最初は名湯有馬温泉の「金の湯」から紹介したいと思います。

Mariさん(@ma_ri68)がシェアした投稿 -



出典:instagram/ma_ri68さん

「金の湯」があるのは有馬温泉の温泉街の中心エリア。

いつもたくさんのお客さんで賑わっているのですぐに見つけることが出来ると思います。

「金の湯」の特徴はなんといってもお湯の色。

「金の湯だからお湯は金色なのか!」

とゴールドのお湯を想像したいところですが、正直「金色」とまではいきませんね^^;

実際は「赤茶色」に濁っていて、それでもインパクトは抜群のお湯で見た目がすごいです。
実際に金の湯に入浴してみるとお湯につかった足や腕はまったく見えません。

なぜこのような色になるかと言うと、「金の湯」の源泉である「金泉」にはたくさんの塩分含まれています。
そして湧き出した時には無色透明のお湯が空気に触れると酸化して赤茶色に変化してしまうからなんです。



出典:instagram/hammy418さん

「金の湯」には「44℃」に保たれた熱めのお湯とぬるめの「42℃」のお湯の2種類の浴槽が用意されています。

「44℃」はけっこう熱いのでぬるめの「42℃」のお風呂のほうが人気があります。

ゆっくりと浸かりたいならぬるめのお湯がおすすめですが、その分人も多いです。熱めのお湯は人は少ないのですが、長湯には不向きといった感じです。お好みに合わせて2種類のお風呂を楽しんで下さい。

有馬温泉には外湯が少ない上に「金の湯」はいろんなメディアに取り上げられているので週末はもちろん、平日でも昼間は大変混雑していることがあります。できれば夕方以降に訪れると人も少ないことが多くゆっくりとお風呂が楽しめるかもしれません。



出典:instagram/axai.u.skさん


2,「金の湯」で無料体験できる足湯



「有馬温泉」の外湯めぐりとしてとても人気のある「金の湯」ですが、温泉街に立ち寄ったものの「お風呂にゆっくりつかる時間がないな・・」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時にオススメなのが、「金の湯」の前にある「足湯」です。
手軽に有馬温泉の源泉のひとつ「金泉」を体験できます。



出典:instagram/uusan503さん



出典:instagram/kobe.jpさん

厳密に言うとこの足湯は「金の湯」とは源泉が違うのですが、色は同じく赤茶色で濁っています。

足湯だけでも身体がポカポカ温まるので寒い冬にもおすすめです。そして体が温まるだけではなく、足湯に入ることで足が刺激されることで健康増進効果も期待できますね。無料ということもあって観光客だけでなく地元の人もよく利用しているそうです。



出典:instagram/sunsunsunsunsunさん

「金の湯」に入ってみたいけど、時間がないという人やお試しだけという人も気軽に利用できるので嬉しいですね。


3,天然の炭酸泉で冷え性に効果抜群「銀の湯」



続いて名湯有馬温泉もう一つの日帰り温泉「銀の湯」を紹介したいと思います。



出典:instagram/ekoooeko_homeさん

「銀の湯」があるのは温泉街の中心から少し山手に行ったところにあります。

温泉街の中心エリアから離れているためか、金の湯と比べると比較的空いていることが多くのんびりとお風呂を堪能することができます。

「金の湯」は見た目がとてもインパクトがあったかと思いますが、こちら「銀の湯」は「無色透明」で一見すると普通のお湯に見えるもしれません。

これは有馬温泉の源泉の中で「銀泉」と呼ばれる「炭酸泉、ラジウム泉」の特徴ですが、実際に入浴してみると泉質の効果は感じていただけると思います。天然炭酸泉のお湯は、ぽかぽかと身体が温まってくるのを実感できるかと思います。

そして、美肌効果も高いといわれていますので湯上りのお肌は「すべすべ」と感じる人も多いようです。
特に女性からの人気が高いお風呂です。

「保温効果が抜群」と効くと「夏にはちょっと熱いのでは?」と心配になる人もいるかもしれません。

でも心配はいりません。「銀の湯」の湯上りは非常にさっぱり。スッと汗の引く感じがするので夏でもおすすめの温泉なんです。

また「銀の湯」には一般的な浴槽の他に「蒸気式のサウナ」もあって、これは有馬温泉にゆかりのある豊臣秀吉が当時入っていたサウナをイメージして造られているそうです。

「金の湯」と比べると若干地味な印象ですが、美肌効果やさっぱり感で「銀の湯」のほうが好みという人も多いようです。

有馬温泉で湯めぐりを楽しむ際は、ぜひ「金の湯」と「銀の湯」の両方を入り比べて、「お気に入りはどっちだったか」など好みを見つけてみて下さいね。


4,日本初のサイダー?!銀の湯に使われている源泉を味わってみよう!





出典:instagram/takesno

銀の湯には「ラジウム泉」と「炭酸泉」の2種類が使われていると紹介しましたが、そのうち1つの炭酸泉はお湯としてお風呂に使うだけでなく、なんと飲用することも出来るんです。

この炭酸泉が飲める場所は「炭酸泉源公園」。

銀の湯からは5分ほど坂を上ったところにあります。フツフツ泡のたつ炭酸泉源の湧き出し口の隣に、飲泉用の蛇口が用意されています。



出典:instagram/takesnoさん

蛇口をひねると出てくるは天然の「炭酸水」。

実際に飲んでみると、味は炭酸水特有の苦みという感じがあってあまり美味しくないというのが正直な感想です…笑(だいたい飲用泉は美味しくないものですよね)

ですが、有馬温泉「銀の湯」に来た記念としていい思い出になると思うので試す価値はアリますよ。

この天然の炭酸水、昔は砂糖を入れて飲んでいたそうで、それが日本で最初のサイダーと言われています。今は「てっぽう水」という名物サイダーが温泉街で売られていて、けっこう炭酸がキツいのですが、そこがイイと人気があります。お土産として購入される方も多いので訪れた際は必ずチェックしてみてくださいね。

彩さん(@1990ayaaa)がシェアした投稿 -



出典:instagram/1990ayaaaさん

ぜひ有馬温泉の「お湯巡り」の間に味わってみてください。

また、インターネットでも「有馬サイダーてっぽう水」が購入できるようなので、気になる方は以下ご覧下さい。

「有馬サイダーてっぽう水」のチェックや購入は以下をクリック
http://www.yoshitakaya.com/item/202b/


5,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の源泉の泉質紹介



ここでは、前途でご紹介してきた「金の湯」と「銀の湯」の源泉の泉質情報についてご紹介します。

金の湯(金泉)



泉質:含鉄ナトリウム塩化物強塩泉
泉質特徴:赤茶色に濁っています。少し塩っ気を感じます。
源泉温度:82.4℃
ph値:6.21
湧出量:不明
効能:

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進など

銀の湯(銀泉)



泉質:炭酸泉/単純二酸化炭素冷鉱泉、ラジウム泉/単純放射能温泉
泉質特徴:無色透明です。
源泉温度:18.6℃、29.4℃
ph値:不明
湧出量:不明
効能:

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、※高血圧症、※動脈硬化症、痛風、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけどなど


6,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の口コミ評判情報



さて続いてここでは、関西屈指の名湯で人気の有馬温泉「金の湯と銀の湯」の口コミや評判についてご紹介しておきたいと思います。
実際に「金の湯と銀の湯」に行かれた事ある方の感想を口コミの参考としてご覧下さい。


























さすが、全国的にも有名で日本最大名湯のひとつ有馬温泉だけあって、訪れている方も多いですね。実際に「金の湯」と「銀の湯」を両方に入浴したという方も多いみたいで、二つの「金泉」と「銀泉」のお湯比べを楽しまれているようです。もちろん双方の泉質それぞれ特徴が異なりますが、お湯は良質であることには間違いがないようです。皆さん大満足されていらっしゃいますね。


7,有馬温泉「金の湯と銀の湯」の基本情報



それでは、「金の湯」と「銀の湯」のそれぞれの施設情報をまとめておきましょう。

金の湯



名前:有馬温泉「金の湯」
英語表記:Arima Onsen "Kin no yu"
郵便番号:651-1401
住所:兵庫県神戸市北区有馬町833
電話番号:078-904-0680
休館日:1月1日、第2火曜日・第4火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
営業時間:8:00~22:00 ※最終入館21:30
入浴料:

・大人(中学生以上) 650円
・子供(小学生) 340円

※小学生未満無料
※「金の湯」と「銀の湯」の共通券もあります。(850円)

備え付けの備品:

・ボディーソープ
・リンスインシャンプー
・ドライヤー

※バスタオル/500円
※スポーツタオル/200円

お風呂情報:

・内湯(男女1個ずつ)
・足湯(無料)

公式サイト:http://arimaspa-kingin.jp/

駐車場:無し

※有馬温泉街内に有料駐車場がいくつかあります。

その他お役立ち情報:

・昼間は平日も週末も混んでいます。夕方以降が比較的空いているのでゆっくりと温泉を楽しめます。

銀の湯



名前:有馬温泉「銀の湯」
英語表記:Arima Onsen "Gin no yu"
郵便番号:651-1401 
住所:兵庫県神戸市北区有馬町1039-1
電話番号:078-904-0256
休館日:1月1日、第1火曜日・第3火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
営業時間:9:00~21:00 ※最終入館20:30
入浴料:

・大人(中学生以上) 550円
・子供(小学生) 290円

※小学生未満無料
※「金の湯」と「銀の湯」の共通券もあります。(850円)

備え付けの備品:

・ボディーソープ
・リンスインシャンプー
・ドライヤー

※バスタオル/500円
※スポーツタオル/200円

お風呂情報:

・内湯(男女1個ずつ)
・サウナ(男女1個ずつ)

公式サイト:http://arimaspa-kingin.jp/

駐車場:無し

※有馬温泉街内に有料駐車場がいくつかあります。

お役立ち情報:

●ゆ〜ナビ公式ポータルサイトでは、有馬本温泉の「金の湯」と「銀の湯」の詳しい店鋪情報や口コミ情報などもご覧いただけます。以下を参考にご覧下さい。

「金の湯」のゆ〜ナビ公式店鋪情報ページはこちらをご覧下さい。
「銀の湯」のゆ〜ナビ公式店鋪情報ページはこちらをご覧下さい。


8,有馬温泉「金の湯と銀の湯」までのアクセス情報



金の湯と銀の湯がある有馬温泉街までのアクセス情報をご覧下さい。

金の湯





郵便番号:〒651-1401
住所:兵庫県神戸市北区有馬町1039-1
電話番号:078-904-0680
  
(電車)

神戸電鉄「有馬温泉」駅より徒歩5分

(車)

中国自動車道「西宮北IC」から一般道を経由して約12分

銀の湯





郵便番号:〒651-1401
住所:兵庫県神戸市北区有馬町833
電話番号:078-904-0256

(電車)

神戸電鉄「有馬温泉」駅より徒歩10分

(車)

中国自動車道「西宮北IC」から一般道を経由して約12分


▶参考:公式サイトも参考にご覧下さい。


9,ゆ〜ナビニュース編集部コメント



日本三大名湯の「有馬温泉」を気軽に体験できる「金の湯」と「銀の湯」は、神戸市からも30分ほど、大阪からも約1時間ほどでアクセスできるので、思い立った時にさっと来ることが出来るのが兵庫・大阪エリアに住んでいる人は嬉しいですね。

「金の湯」のほうがインパクトもあり人気があるのですが、何度も通う常連さんは「銀の湯」のほうが好みという人も多いです。

どちらも捨てがたいので、やはり両方入って比べてみてみましょう。

そして「金の湯と銀の湯」は金の湯が「650円」で銀の湯が「550円」とお手頃価格というのもポイントです。
共通券はさらにお得なので共通券を買って温泉巡りがおすすめです。

また「有馬温泉」はレトロな街並みが魅力で食べ物屋さんやお土産屋さんもたくさんあります。「金の湯と銀の湯」をはじめ、足湯や飲泉などを巡りながら、のんびりと温泉街を楽しんでくださいね。


10,有馬温泉以外の日本最大名湯「草津温泉」と「下呂温泉」おすすめ情報



今回は、日本三大名湯の中のひとつ兵庫「有馬温泉」の日帰り温泉をご紹介しましたが、それに関連して残りの「草津温泉」、「下呂温泉」のおすすめ情報をご紹介しておきます。それぞれの温泉街に訪れた際のお湯めぐりの参考にしてください。

草津温泉



草津温泉「大滝乃湯」合わせ湯で時間湯を体験!

草津温泉の木造日帰り温泉「御座之湯」!「湯畑源泉」と「万代源泉」の2種類の温泉を堪能!

草津温泉随一の広さ!「西の河原露天風呂」ハンパない開放感と四季折々の絶景を存分に堪能!

下呂温泉



下呂温泉 名物「噴泉池」無料の混浴露天風呂とは?河川敷で解放感満点!【※水着着用】

日本三名泉発祥の地!下呂温泉「白鷺の湯」の日帰り温泉でお肌つるつるに!


11,その他の温泉街の「外湯めぐり」おすすめ情報



温泉街の楽しみ方のひとつ「外湯めぐり」。今回も名湯有馬温泉の「外湯めぐり」の楽しみ方として「金の湯」と「銀の湯」をご紹介しましたが、ここでは、その他にも全国の名湯と呼ばれる温泉街の「外湯めぐり」のおすすめ情報をご紹介しておきます。是非、温泉旅行を企画される際にはこちらもチェックしてみてくださいね。

野沢温泉



長野の野沢温泉で「外湯めぐり」を堪能!日帰り温泉でおすすめの共同浴場や足湯、温泉卵など温泉街の楽しみ方

城崎温泉



兵庫県の名湯「城崎温泉」の外湯めぐりで日帰り温泉三昧の楽しみ方

乳頭温泉



秋田「乳頭温泉」雪見の露天風呂など温泉めぐりを堪能【オススメの季節は冬です】



記事更新日:2017年9月1日
この記事に関するキーワード
お風呂 温泉 炭酸泉 日帰り温泉

同じカテゴリの最新記事はこちら

 条件検索

 人気の記事

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10

 カテゴリ